昨年からツイッターとやらが流行り出したことは知っていた。でも、なにが面白いんだろうなあ、こちとらブログやってるから必要ないやと思っていた。

だいたいからして「つぶやき」なんて、つぶやきシローを思い出してしまうじゃないか。彼が良いの悪いのってことじゃないよ。「つぶやく」なんて、なんだか背中まるめて、なにかブツブツ言って、というイメージがぬぐい去れなかった。

でも、昨年秋頃より、本格的なブームになってきた。やるやらないかは別にして、登録してIDだけでも取得しておくか。でも、ID取得しただけで、やろうという気分にはいっこうにならなかった。

そうこうしてるうちに、いよいよ足許まで波が押し寄せてきた。それじゃあ、やってみるかと、重い腰をあげて、ヨチヨチ歩きを始めました。こういう時は、事前にあまりベンキヨーしない。とにかく飛び込んでみる。で、必要になったら、雑誌か本を読めばいい、と。

1週間ほどで、もっと知りたい欲求が沸騰してきた。なにか読まなくちゃ。なんて、カッコイイこと言ってるように聞こえるかも知れないけど、つまり、すぐに壁に当たったわけね。で、いろいろ読みながらiPoneのアプリをあれこれダウンロードして試してみたり、パソコン用に「夜フクロウ」をダウンロードして試してみたり。なんだかんだ忙しい。ブログから手が抜けてるよ、正直言って。でも、そのうちに、ツイッターとの距離感も自然な感じになっていくでしょう。

そうそう、一昨日、横尾忠則さんが始めました。すでにフォロワーが4000人になってます。さすが。最初は面白くなかったけど、なぜか今日からがぜん味が出てきました。わたしもフォローしてます。
http://twitter.com/tadanoriyokoo

ちなみに、tweetって、「つぶやく」という意味じゃなく、鳥が「さえずる」という意味です。だから、ツイートって言った方がいいね。

by naomemo | 2010-04-02 12:22