c0112103_17562331.jpg


関口知宏「ヨーロッパ鉄道の旅」はお気に入りの番組で、よく観ている。いつもは各15分の日めくり版を観ているのだけれど、先日、そのイギリス編を90分✕2部構成で放映していた。ブレグジット後の街の声が聞けるかもと思い録画しておいた。しばらく放置してしまっていたのだが、ようやくまとめて観ることができた。

イギリス編では、イングランドから、スコットランド、北アイルランド、ウェールズ、そしてイングランドに帰ってくる道程。なかでもとくに印象に残った場面がいくつかあり、メモとしていくつか残して置こうと思う。

今回はイングランド北東部の港町ボストンで関口知宏が拾った話。

ボストンは、2016年のEU 残留か離脱かを問う国民投票で、他の都市に比べて最も離脱支持者の割合が最も多かったことで注目を浴びた都市。理由として一般に挙げられているのが、東ヨーロッパからの移民の急増。確かにそれも一理あるけれど、それだけではなさそうだ。ポーランド出身女性を婚約者に持つ息子の父親(離脱を支持)の言葉が心に留まった。彼は、離脱を支持した理由について、こう語っていた。

「移民問題は一端に過ぎない。独立国の一員として民主主義の立場から離脱に投票した。イギリスがEUのほかの国から遠隔的に干渉されるのが嫌なんだ」

イギリスのEU離脱は、移民問題の解決策でもあるけれど、自由あるいは自立の問題でもあるわけだ。ここはけっこう重要なポイントだなと感じた。

画像出典:ヨーロッパ鉄道の旅「イギリス編_第1回


by naomemo | 2017-03-16 17:59 | いまを読むノート




丸一年ブログをお休みしたけれど、ぼちぼち再開します。

ヨーヨー・マと旅するシルクロード、よかでした。ヨーヨーが立ち上げたシルクロード・プロジェクトの活動を描いたドキュメント。シルクロードゆかりの国々を回って選んだ音楽家たち、異文化を背景に持つ音楽家たちの出会いから生まれるエキゾチックな演奏。世界が内向きになりつつある時代にあって、これからさらに輝きを増していくのだろうと感じた。

気になった音楽家はといえば、イラン出身の音楽家ケイハン(だったかな?)と中国出身のウー・マン。ケイハンが演奏する楽器は中国の胡弓を思わせた。深々と心に染みる演奏。彼のことをヨーヨーは魂の兄弟と呼んでいた。ウーの楽器は中国琵琶。伝統から逸脱した自由でエネルギッシュな演奏だった。

映画館を後にして、友人から紹介されていたお粥の店まで足を運んだけれど、目当てのお店はお休み。これは残念でした。

by naomemo | 2017-03-06 10:37 | シネマパラダイス