2010年 04月 26日 ( 1 )

タバコからアルコールへ


世の中は「規制緩和」から「規制強化」へ動き始めている。このブログで何回も書いて来たけど、規制強化の話がまたまた浮かび上がって来た。

WHO世界保険機関が、タバコに続いて、とうとうアルコールの規制に動き始めた。健康への害、交通事故、家庭内暴力、自殺などに繋がっているからという理由のようだ。アルコール飲料メーカーの広告活動への制限、自販機など売り場制限、安売り制限など、さまざまな面で規制を強化しようという流れだ。強制力はないというものの、タバコと同様、動き始めると流れは加速するかも。

先進諸国ではリーマンショックを契機に、行き過ぎた自由化の振り子を戻そうという規制強化の動きが加速。でも、一方で、さらなる経済発展を求める新興国では規制緩和、自由化の動きが加速しているようにも思えてきた。一方は規制強化、一方は自由化。相反する方向性だから、これからさまざまな問題で、先進諸国と新興諸国との間には軋轢が生まれそうだね。

ところで、第二次大戦後に規制緩和されたものが、こんどは反対に規制強化の対象になるのだとしたら…。さて、どんなことが規制緩和されて来たんだっけ?表現…、職業…、セックス…、金融取引…、いろいろあるね。規制強化の動きは、どこまで広がっていくんだろう。

by naomemo | 2010-04-26 17:30