朝焼けラン


c0112103_8373652.jpg

これからときどき早朝ランのことを書きます。

東京では皇居周回コースと明治神宮周回コースがランナーの聖地として知られている。仕事を終えてから走ってるランナーの多いこと。増加するランナーを当て込んだ施設もあちこちに出来て、月極のロッカーを用意しているところもあるらしい。すごいことだ。モノは試しでいっぺんくらい走ってみてもいいかなとは思ってるんだけど、ただ、僕は早朝ランナーなのだ。夜はほとんど走らない。夜は朝と違ってウォームアップの必要がないし、しっかり走れるよという人もいるんだけど、どうもねえ、やっぱり朝の澄んだ空気の中を走る方がだんぜん気持ちいいんだよね。

毎朝だいたい4時前に起きる。まず顔を洗い、ティファールの湯沸かし器に水を入れて電源をONに、そして急須に茶葉を入れ、スポーツドリンクを作り、ランニング・ウエアに着替え、水を一杯飲み、それからおもむろにお茶をゆっくり2杯飲み、トイレに寄って表へ出る。毎日のことなので慣れているとはいえ、ここまでですでに20分ほどかかっているかな。

おおむね晴天であれば東の空は明るくなり始めている時間帯で、まだ陽は昇っていない。曇りであればまだ暗い。そしてiPhoneに入れてあるRunKeeperを立ち上げて、およそ1キロ先にあるコンビニまでウォームアップ・ウォーク。そしてそのコンビニを起点に、一周1.2キロ、高低差20メートルの周回コースを、平日は3周から4周して自宅まで戻ってフィニッシュ。それにしても日の出のスピードの速いこと。毎朝びっくりしちゃってる。

走っている間にもう十分に発汗しているのだけど、立ち止まると同時にさらにどんどん噴き出してくる汗を拭きながら、RunKeeperに記録されたデータをサーバーに送り、それをまたtwitterに送って、自宅マンションのエレベーターに乗る。もう、あぢぢーって感じだ。

と、ここまで書いたところで、ちょっと忙しくなってアップし忘れていました。今頃ですが、アップします。

なお、今日は少し出遅れたので、家を出たのは、上の写真のとおり日の出直前だった。朝焼けがとても美しかった。

by naomemo | 2010-07-15 18:09