夏時間はいつから


寒さが厳しいと、布団から出るのが辛い。でも、このところ寒さが弛んでいるおかげで、朝起きるのがラクだ。きっとすぐにまた寒くなるんだろうけど、今年はいつ頃から「勝手に夏時間」を始めようかな、なんて妄想している。まだ、ちと気が早いことは分かってるんだけどね。

さっきウィキペディアでサマータイムのページを読んで初めて知ったんだけど、日本でも敗戦後の1948年(昭和23年)から 51 年までの間、サマータイムを導入してたんだね。日本は45年から52年まで、連合国軍(実質的には米国)の占領下にあったわけだから、その間だけサマータイムが導入されてたってことになる。

ここまで書いてきて、そうだよねえ、日本って、戦後7年間も米国の占領下にあったんだよねえって、あらためて確認することになった。おっと、話題が本線から外れちゃいそうだから、急いでサマータイムに戻そう。

サマータイムなんていうと、まず、ガーシュインの美しい楽曲を思い出してしまうんだけど、制度としてのサマータイムに叙情性はない。最初に導入されたのは、第一次世界大戦中の1916年、ドイツとイギリスが採用したのが始まりのようで、省エネルギーが目的ってことだ。その後、採用、廃止、まだら模様になるようだけど、現在は、夏の日照時間の長い欧米諸国で一般化している。

でも、ドイツやロシアでは廃止が検討されているそうな。冷房が一般家庭に普及している現在では、サマータイム制度に省エネ効果はあまり期待できなくなったから、そして春と秋の切り替え時期に体調を崩す人が多いから、という。なんと、心筋梗塞で亡くなる人もいるらしい。

起床と就寝は毎日の習慣のようなものだから、わずか1時間のこととはいえ、その年その年の寒暖とは無関係に、制度だからと、ある日を境に変更するのは身体によくないのかも知れない。じわじわがいいということなら、僕も今年は早めにゆっくり起床時間をずらして行こうと思う。春になって、「勝手に夏時間」への移行もスムーズにいったら、早朝の30分スロージョグなんて、気持ちいいだろうね。

さて。今朝、「はじめての金読本」更新しましたよん。見てね。こちらは、七十歳、八十歳のおばあちゃんが読んで分かるようにと、いろいろ思い巡らせながら、ゆっくり取り組んでいます。二つのブログを並行してやるのは、なかなか大変だけど、始めちゃった以上ちゃんとやりますよ。

by naomemo | 2010-01-21 09:15

スロージョグに復帰


じつは、年末の25日だったか26日だったかに、ちょいと身体をヘンに捻ったみたいで、腰痛になった。初めは、すぐ治るだろうなんて軽く考えてて、二日後の仲間とのテニスに参加。そしたら、途中で動けなくなった。だんだん重くなった。久しぶりの腰痛だったこともあって、うっかりした。で、スロージョグからも遠ざかることになった。腰痛で走れるわけないもんね。

でも、20日ほど静かにしていたおかげで、痛みも抜けてきたので、先週の土日に、太極拳にもスロージョグにも復帰。久しぶりの走りなので心配だったけど、のんびり走るスロージョグはいいねえ、ぜんぜん問題なし。ちゃんと1時間、走れちゃいました。温かくなったら、ゆっくり外を走ろうと思っている。

ということで、本日はここまで。

by naomemo | 2010-01-19 18:30


先日、スロージョグのことを書いたけど、今回はその続きです。この土曜日に、太極拳の前に時速5キロで40分ほど走ってみたけれど、らくらく達成できちゃいました。気を良くして、翌日曜日は時速5キロで1時間にトライしてみましたが、結果はやはり、こちらも拍子抜けするほど容易に目標クリア。どうして1時間もらくらく走れるのか不思議。恐るべしスロージョグ、というのが率直な感想です。どういうことなんでしょ?

でも、1時間走っても、たったの5キロ。2時間走って、ようやく10キロ。とても、LSD(ロング・スロー・ディスタンス)とはいきませんね。こんなんでいいの?と思うけど、しばらく土日に1時間ずつ続けてみようと思います。なんでもファストが全盛の時代に、あえてスローにこだわるところに価値があるのだ。なんて、我ながら、とても説得力あるようには思えないけど、それでいいのだ。時代のトレンドは、ファストからスローへ、と言い切ってしまうのだ。だって、味のあるスローには、魅力があるじゃないか。ちょっと、しつこいね。

さて、ついでなんだけど、太極拳のこと。土曜日、劉先生の教室2回目の参加だったけど、やっぱりキツかった。スローな動きで重心を移動させるので、お尻や太ももにかかる負担がじつに大きい。信じがたいかも知れないけど、5分ほど動いただけで太ももが悲鳴を上げ始めるんだよね。汗も吹き出してきます。ときどき休憩があるとはいえ、75分はほんとキツいです。

太極拳って、老人たちの健康体操なんていうイメージがあるけれど、とんでもないね。老人たちだけの専売特許にしておくなんて、もったいない。スロージョグでお尻と太ももを強化しつつ、これからも頑張って続けるのだ。じつは、なんとなく、ゴルフにもいいような気がしているのだ。

by naomemo | 2009-11-18 08:57


東京マラソンが始まってから、全国的にランニング・ブームに火がついた感じ。僕の周辺でも、もう何人も走ってて、すでにレースに参加してる者もいる。にわかには信じがたいことだけど、月間500キロ走ってるおバカさんもいるのだ。といいつつ、じつは僕自身もいっとき始めた。でも、右股関節の奥の方にかすかな痛みを感じたので、それを言い訳にして、そそくさと撤退。でも、タバコをやめた後の体重増加に悩む者としては、なんとかランニングに復帰したい気持ちがないわけではなかったんだよね。

そこにひとつのグッド・ニューズが届いたわけ。ささやいたのが天使なのか悪魔なのか判らないんだけど、「スロージョグがいいらしいよ」って。なになに、それ?いろいろ聞いたり調べてみたら、とにかく歩くスピードで走ることが身体にいい、ということなのだ。今年6月にNHKの「ためしてガッテン」でも紹介されて、さらに注目度がアップしたらしい。

走り方は、とても簡単。背筋を伸ばして、少し前方に体重をかけるようにして、歩く速度で、腕をしっかり前後に振りながら、深い呼吸をしながら、踏み込むようにして走る。ただ、それだけ。歩く速度だから、人によって相違はあるだろうけど、まあ、時速5キロから6キロくらいだろうね。とにかく、あえて遅く走ることに意味があるらしい。で、肝心の効果として、どんなものがあるかといえば。

まず、歩く速度でゆっくり走ることで、遅筋(持久力系の筋肉)が強化される。そして、休眠状態にある毛細血管が活動を再開する、つまり毛細血管が増加する。それで、これまで行き渡っていなかった身体の隅々にまで、酸素や栄養が運ばれるようになるという。体内が酸欠になりにくく、筋肉も丈夫になる。これが速く走ってしまうと、速筋(瞬発力系の筋肉)が使われてしまうので、強化したい肝心の遅筋が鍛えられなくなるそうだ。

また、歩く速度でゆっくり走るということは、血液中に疲労物質や乳酸が溜まりにくいってことでもあるから、スロージョグでだんだん走る脚が出来上がってくると、しらずしらずのうちに長距離を走ることができるようになるという。疲れにくいから長く走れる、長く走れるから脚の出来上がりが早い、という好循環になるってことだね。

さらに、歩く速度とはいえ、走ることに違いないから、消費エネルギーはウォーキングに比べて圧倒的に多く、糖や脂肪が効率よく消費されるそうだ。しかも、あくまでスローなので、ケガをしにくく、長く続けられる、と。

ほかにも、まだ、ある。理由は分かっていないところがあるらしいけど、スロージョグは、判断力、決断力、記憶力にかかわる前頭前野部位の脳機能を活性化させるそうだ。ジョグで萎縮していた高齢者の脳の一部が大きくなった例も報告されているという。

なんだか、話しを聞いてると、いいことづくめである。ほんとかな?マユツバじゃないの?でも、直感的に、なんとなくよさそうな感じ。「ゆっくり走る」ってのが、いまの時代に合っているような気もするしね。

僕自身は日頃6キロほどのスピードでスタスタ歩いているけれど、遅く走ることがそれほどいいというなら、あえてスピードを5キロほどに落として始めてみようかな。じつはですね、すでに先週の土曜日、スポーツクラブのランニングマシーンを時速5キロに設定して、トライしてみた。マシンの上を歩くのと違って、ビックリするほど大量に汗が吹き出してくる。しかし、その割にシンドクもなく、拍子抜けするほど軽々と30分ほど走れちゃいました。どれほどの効果が現れるか分からないけれど、とりあえず休日だけでも続けてみようと思います。

乞うご期待。ん?誰も期待なんかしてないか。

by naomemo | 2009-11-10 08:17


前にも書いたけど、タバコをやめて丸1年。そして、スポーツクラブに通い始めて4年と3ヶ月になります。これまで土曜日は、ピラティス、パワーヨガ、エアロ系の3つのメニューをこなしていたのだけど、ひとつ入れ替えることにしました。

4年ほどになるピラティスをお休みすることにしました。ピラティスについては、じつにミーハーなんだけど、タイガーウッズが体幹トレーニングとして取り入れていると聞いて始めました。おかげで姿勢も良くなった感じがするし、セットアップも安定してきた感じがするので続けたい気持ちはあるのだけれど、あれもこれもはできません。ピラティスのインストラクターは上村さんといって、とても明るく美しい女性で、いつも元気をもらえるんだけど、ピラティスが自分のなかで少しマンネリ化してきた感じもあったので、しばしお休みすることにした次第です。

その代わりに始めたのは、太極拳です。ピラティスと同じ時間帯に(といっても15分長くて75分なんだけど)、隣りのスタジオというか教室で、劉清(六段位)という中国人の先生が教えてまして。じつに力強くて美しい動きなので、いつかやってみたいなあと思っていたのでした。

これまで、なかなかキッカケがつかめなかったのだけれど、ずっとお世話になっているピラティスの上村さんがふと漏らした言葉が背中を押してくれました。「あのスローな動き、カラダにすごく効くと思うなあ…、ワタシも劉先生に習いたいなあ…」。あ、そーか、プロの眼にも、そう映ってるんだなー。気持ちが固まりました。ちょうどいま、ひとつひとつの動きのおさらいをしているところと聞いたので、土曜日の朝、思い切って門をたたきました。この教室は、三十二式なので、いわば中級です。そこに素人が混じるなんて無謀だし、全体のリズムにも影響するから困るはずなんだけど、劉先生は快く迎え入れてくれました。多謝。

しかし、当然のことながら、流れに付いていけるはずがありません。廻りの人たちもやりにくかっただろうと思います。でも、熱心に教えてくれる劉先生に入門した以上、中途半端じゃあ終われません。とにもかくにも動作の流れだけでも早くマスターしなくちゃ。なんて思っていたら、幸いなことに、すでに2年半ほど前から先に劉先生に入門している連れ合いが、どこからか三十二式のDVDを手に入れてきてくれました。早く覚えなくちゃね。

それにしても、いまだに太ももが痛いです。土曜日は、その後のパワーヨガもエアロ系も青色吐息でなんとかこなしたものの、終わって階段を降りる際、思わずしっかり手すりを掴んでました。今朝も、通勤の際に、地下鉄の階段を降りる時がやばかった。太極拳の後は、カイダンが怖い。それだけ効いてる証拠かな。

by naomemo | 2009-11-09 08:40

日の出の時刻


ようやく朝晩涼しくなってきたので、ちょっと前に、7月から続けていた「勝手に夏時間」を終了した。起床も、朝4時から5時に、1時間ほどシフトした。「シフトした」というと意思的に聞こえそうだが、自然にそうなった。

なんとなく気になって、さきほど「日の出」の時刻をネットで調べてみたら、国立天文台のサイトに行き当たった。「各地のこよみ」というコーナーである。ここには、各地の日の出、日の入り、月の出、月の入り、南中時のデータが、過去3年分紹介されている。

そのページによれば、我が家のある神奈川では、一年でいちばん日の出が早いのは6月5日から21日で午前4時26分、いちばん遅いのは1月2日から12日で6時51分とある。なんと1年で2時間半も違うんだよねえ。あらためて驚いちゃった。ちなみに、本日9月30日は5時35分となっている。このところ僕は5時頃に起きて、リビングの電気をつけて、ストレッチをしながら新聞を読んでいるんだけど、目覚めるのが1時間遅くなっているのも自然なことなんだろうね。しかも、夜明け前に起床するってのが、いいでしょ。

というわけで、現在は、真夏の早朝散歩から、ふたたび通勤途上での片道30分ウォークへと、こちらも自動的にシフトしている。1日1時間は歩かないとね、やっぱり。歩きといえば、さきほどJ-waveを聞いていたら、セロトニンという脳内物質のことを紹介していた。しっかりリズム良く歩くと、体脂肪を少なくするためにいいだけじゃなく、セロトニンという物質によって自律神経も調整されるらしい。歩きは、身体にも心にも利くっていうのが、いいね。

by naomemo | 2009-09-30 08:30

事務所の引越しやらなにやらが重なったとはいえ、ずいぶん更新を怠ってしまった。今日から再開です。ついでに早朝ウォーキングも再開した。最近なにやらランニングがブームで、僕の周りでもぞくぞく始めているのだけど、僕は走らない。というか、少し走ってみたのだが、右脚の付け根の奥に違和感を感じたので、歩くことにした。ケガをしたら阿呆らしいからね。

じつはここ数年、秋から春までの間は、通勤途上を利用して毎日1万歩は歩いていた。そして夏の間は早朝ウォーキングに切り替えていた。でも、今年は、この自己流サマータイムへの切り替えが遅れて、ひと月半ばかり歩いていなかったのだ。それに加えて、タバコを止めて食欲が旺盛になったままなので、体重増加が著しい。これは、ヤバイってんで、急いで早朝ウォーキング再開となった次第。

それにしても、久しぶりに早朝に連続して1時間(およそ6キロ)ほど歩くと、脚に来るね。5時半には歩き終えているというのに、血液が脚へ行ったまま、まだ頭に戻ってこないような感じ。ま、1週間もすれば慣れるでしょう。ということで、今日のところは、これにて終わり。

by naomemo | 2009-07-22 08:48


土曜日は朝9時半頃にジム入り。マシンをひと通り軽めにやった後、ピラティス、パワーヨガ、ステップでしっかり汗を流す。このメニューにして1年半だけど、いまだにキツイ。でも、終わった後は、すっきり気持ちいい。

ジムで集中してる時にはまったく感じないのだが、帰ってからしばらくして急に吸いたくなった。急いでパッチを貼って、離脱症状をやり過ごす。なんとなく咳が減って、呼吸も少し楽になってきたような気がする。食欲が旺盛になったという感じはないけどね。

日曜日は久しぶりにどこにも出かけず、なんとなく読書の気分にもなれず、TV画面の前で、ゴロゴロ、カウチ。朝食後から夜までパッチを貼って過ごす。ただ、寝床について眠ってから、タバコをぷかぷか吸っている夢を見る。睡眠中にふわふわ離脱症状が出てるってことなのかな。あまり気持ちいいもんじゃないね。

完全断煙、継続中。

by naomemo | 2008-11-16 23:00