優しく温かい眼差し

c0112103_17161787.jpg


ずいぶん前になるのだけれど、渋谷ルシネマで「エリックを探して」を観た。えーと、いつ観たっけなあ、そうそう、1月4日でした。手帖にメモがなければ、忘れてしまうところだ。

と、まあ、こうして記憶の底に沈みかけた断片をまさぐりながら書き始めているんだけど…、「エリックを探して」は思いのほか心地よい映画だった。ポール・ラバティ(脚本)とケン・ローチ(監督)のコンビが作る作品は、アイルランド独立と内戦の狭間で対立していく兄弟を描いた「麦の穂を揺らす風」といい、英国の移民労働問題を背景に労働者階級の家族の絆の有り様を見つめた「この自由なる世界で」といい、背筋がビシッとした苦みのあるものが多いのだけれど、今回はちょっと様子が違った。

これまでのような社会派的な刃は影を潜め、その眼差しは優しく温かい。これは老境を迎えつつある郵便配達人エリック本人の再生の物語であり、家族の再生の物語であり、地域や職場における人の絆を再確認する物語でもあるのだった。そして、ここには、郵便配達人エリックがこよなく愛するマンチェスター・ユナイテッドの往年の名選手エリック・カントナがエリック・カントナ本人として、重要な役回りで登場する。なかなか面白い登場の仕方をしているんだけど、これから観る人の愉しみを奪ってはいけないので、くわしくは書きません。それにしても、この優しさ、この温かさは、どういう心境の変化なんだろう…。そんな思いを胸に抱きながら帰路についた。電車のなかで、こんなことを想像していた。

英国はいま、80年代から政府主導で強力に押し進められてきた規制緩和、自由化の果てに生じた巨大バブル崩壊の真っただ中にいる。なにしろ国の政策として不動産と金融に特化してきたところがあるようだから、その影響は半端じゃないだろう。おそらく1990年代初頭の日本以上に惨憺たる状況に置かれているはずで、英国民たちは呆然としているんじゃないかという気がする。制作者たちの眼差しが優しく温かいのは、おそらくそんな現実を目の当たりにしているからかも知れないと思い至った。つまり、この映画は、彼らから英国庶民たちへの、精一杯の贈り物なんじゃないかと。

ちなみに英国はいまのところマーケットによる攻撃にはさらされていない。しかし、マーケットという自由化の鬼っ子は、まさにこの映画に登場するヤクザのように、英国を標的にするタイミングを虎視眈々と探っているに違いない。制作者たちの目にも、そのカゲはハッキリと映っているはずだ。この二人の映画制作者は、そうした現実から、さらにどんな作品を紡いでいくのか。愉しいことばかりじゃないんだろうけど、でも、ファンとしては、とても愉しみなのである。

なお、郵便配達人エリック(上の写真右)を演じているのは、スティーヴ・エヴェッツ(Steve Evets=回文になってるな)。初めて見た役者だけど、なかなかいい味を出している。若い頃、売春宿に寝泊まりしていたこともあるらしい。その後、ザ・フォールというロックバンドにベーシストとして参加していたこともあるようだ。シブい脇役が似合いそうな役者なので、これからときどき見かけることになるかもね。




by naomemo | 2011-02-05 12:54


80年代に、「規制緩和=自由化」を旗印に、英国経済は蘇った。国の方針として、金融と不動産に産業を特化することで、突破口を切り開いたと聞く。鉄の女サッチャー首相の時代だ。ちなみに当時の米国大統領はロナルド・レーガン。そして日本の首相は中曽根康弘。あくまでも結果論だけど、この時代にバブルの種がバラまかれたことになる。なぜ日本だけが早々と落ちこぼれたのか、それは分からない。いまもって謎だ。でも、早く潰れて良かったんじゃないかと思う、いまとなってみれば。

その英国も、今回の世界的な金融・不動産バブルの崩壊を受けて、大きなダメージを受けているようだ。なにしろ、英国の2大産業が、もろにバブル崩壊の憂き目を見ているわけだから当然だろう。そして、ついに、英国の地方都市に「シャッター通り」現象がお目見えしているんだとか。日本が歩んだ道を、英国も歩み始めている。バブル期が長かった分だけ、日本より、さらにキツいことになるだろうけどね。

おそらく米国も早晩そうなるだろう。もちろん欧州の避暑地とも言われるスペインもそうなるだろう。これから同時多発的に見られるようになるだろうから、まだまだ当分、景気は良くならない、と言わざるを得ないだろうなあ。キッツイけど、自分たちの蒔いた種なんだから仕方ない。

夜明けはまだ来ない。いや、ここからは経済の話じゃない。今朝も4時から1時間走って自宅に戻ったけど、まだ夜の帳は降りていた。走っている時に日の出を拝めなくなるのは、ちと寂しいけど、仕方ないな。

タートル・マラソン@荒川デビューまであと37日。そろそろ休日にハーフを走ろうかと思っている。


by naomemo | 2010-09-10 08:23

c0112103_21333648.jpg

ようやくカズオ・イシグロの「わたしを離さないで(Never Let Me Go)」を読み終えた。公園のベンチで、主人公キャシーによって語られる話にじっくり耳を傾けていたような気分だった。たかだか一冊の小説を読むのに、これほどの時間がかかるとは。

くわしいことは書きにくい内容なので、ごく簡単に。舞台はヘールシャム。英国の寄宿舎を彷彿させるような施設。中心的な登場人物は、キャシー、ルース、そしてトミーの三人。現在三十一歳になり、介護人の仕事をすでに十一年以上続けているキャシーが、ヘールシャムでの思い出を、ゆっくりゆっくり語り始める。

キャシー、ルース、トミー、この三人だけの関係を聞いていると、いかにもありそうな少年少女の生態のように思える。そして実際その通りなのだけれど、なにかが気にかかる。登場してくる大人といえば、寄宿舎ヘールシャムの先生というか保護官たちだけ。子供たちの親は一切登場しない。ヘールシャムは、外界からまったく遮断された、子供たちのために特別に拵えられた、繭のような空間なのだ。何だろう、これは、と思いながら耳を傾けていく。

今朝走っている時も、「ヘールシャムって何を意味してるんだろう」という疑問が浮かんでは消えた。「クローン」というモチーフは何を暗示しているのだろう。英国の寄宿舎生活の特異性を表現したかったのだろうか。現実から隔離された子供時代の比喩として描いているのだろうか。あるいはキブツのような存在を念頭においているのだろうか。

ちなみに、「わたしを離さないで」は映画化の真っ最中である。トミー役に扮しているのは、「BoyーA」で素晴らしい存在感を示していたアンドリュー・ガーフィールド。この作品、個人的に期待値上昇中である。

by naomemo | 2010-06-21 08:01 | 音楽から落語まで