c0112103_8491727.jpg



昨晩、アメリカ映画協会主催「オールタイムトップ100」を観た。案内役はモーガン・フリーマン。当然100位から1位へ上がっていくわけだけど、なるほどなるほど、へー、そーなんだあ、なんて思いながら観ていたら、あらら、最後まで通しで観ることになってしまった。

でもこれ、現地米国では2007年の放映みたいで、なぜいまになって日本での放映なのか不思議だね。業界あげてのPRなのかな。

ま、それはそれとして、トップ10は以下の通り。
10位:オズの魔法使い
 9位:めまい
 8位:シンドラーのリスト
 7位:アラビアのロレンス
 6位:風と共に去りぬ
 5位:雨に唄えば
 4位:レイジング・ブル
 3位:ゴッドファーザー
 2位:カサブランカ
 1位:市民ケーン

どうやら市民ケーンは、米国では不動のトップらしい。でも、じつはまだ観たことがない。連休にDVD借りて観てみよう。監督では、スピルバーグ、キューブリック、ヒッチコック、ビリーワイルダー、それとさすがチャップリンの名前が目立ったね。もういっぺん見直してみようかな。

いま検索してみたら、ベスト100全作品リストを作ってる人がいた。
興味のある人はこちらへ。

さて、全体を通じて感じたのは、長く人気を保ってる作品って、総じて音楽がいいね。音楽のチカラは偉大なり。それにしても、今日の記事は、ニュース・バリュー、ゼロだね。2007年の番組の話なんて。

by naomemo | 2010-04-28 08:52

c0112103_827283.jpg



以前ここでも取り上げたけれど、やっぱり「ザ・コーブ」の影響が出てきた模様。太地町のイルカ漁に対して、国内からも抗議が殺到しているらしい。こういうのは、見ていて、ちょっと辛い。もう少し、あとさきを考えて欲しいものだ。

動物愛護の精神も分からないわけじゃないけれど、行き過ぎると、かえって仇になりかねない。米国映画「ザ・コーブ」は、政治的プロパガンダの匂いが強い。まっとうなドキュメンタリー映画とは考えない方がいい。そもそも食文化というのは、民族や地域によって相違があるものだ。その文化的な違いを無視した一方的な主張には、一定の距離をおくのが大人の対応だと思う。

そういえば、ダニー・ボイル監督作品に、動物愛護がもたらす問題を皮肉たっぷりに取り上げた「28日後…」ってのがあった。ゾンビ映画なんだけど、けっこう文明批評的な視点があって面白い。



by naomemo | 2010-03-29 08:03 | シネマパラダイス

映画から落語の話まで

c0112103_8533197.jpg


花の名前に疎いのだけど、この花、ハナニラというらしい。今朝、野草辞典を見ていたら、ハナニラには白い花が多いようなのだが、これは薄紫で美しい。つい先日、連れ合いが多摩川で撮ったもの。

さて、一昨日、久しぶりに映画業界の友人とご飯を食べながら、くつろいだ時間を過ごした。やっぱり映画作品の話が中心になったんだけど、外からは伺い知れない業界事情もいろいろ聞けた。差し障りのないところでいえば、最近、洋画DVDがまったく売れなくなったんだとか。激減だという。その影響もあってツタヤの店舗展開も縮小傾向にあるという。景気が悪いってこともあるだろうし、BS、CS、ネット配信に押されてるってこともあるんだろうね。そういえば、我が家の最寄りのツタヤも、先月、撤退したのだった。

それで、ツタヤはいまTポイントカードに軸足を移しつつあるんだとか。最近あちこちで、Tポイントカードはお持ちですか?と訊ねられるシーンが増えてきて、なんだろうねえ、これは、と思っていたんだけど、そういう背景があったんだね。おぼろげながら、ようやく少し見えてきた感じ。経営母体のCCCは、ツタヤ事業に集中していた経営資源の分散を図ってるんだね。Tポイントカード事業の拡大にこれまで以上にチカラを入れようってことか。ま、ツタヤ事業そのものも店舗からネット配信へ軸足を移しつつあるのかも知れないけれど。

一方、洋画配給市場では、これからは地方の掘り起こしが一つのテーマになってきたという。これまでのようにDVDで稼げた時代は終わったので、これから映画は地方でヒットしないと、やりくり出来ないんだとか。そして、その地方のマーケットでは、とにかく分かりやすさが重要になると。これまでの都会のコアの映画ファンに伝えるようなコミュニケーションのやり方では通用しない。ここでは詳しくは書けないけれど、地方のマーケットを掘り起こす手法が磨かれれば、これは意外に都会に持ってきても通用することになるのかも知れない。分かりやすさ、伝わりやすさは、高齢化社会ではとくに重要になるのかも。ヒントはあちこちに転がってるもんだね。

そういえば、落語家の古今亭志ん朝は、弟子達に向かって、こんなニュアンスのことをよく言っていたという。「お客さんは、行きたがってるんだよ。だから行かせてやんなくちゃいけなんだよ。それをクサイとかダサイとか言ってやらないお前たちの方が、クサイんだよ」。うーん、深いわ、やっぱり。行きたいから寄席に足を運んでるんだよね、客は。ここ一番で、水戸黄門が印籠を出すみたいに、笑わせてくれたり、泣かせてくれたりしてほしいんだよね、客としては。分かりやすい決まり事なんてものも、けっこう大事なことなんだね。

ということで、これにて今日はお仕舞いです。では、よい週末を。このお休みは温かそうだし、桜もちらほら咲きそう。お彼岸なので、我が家も鶴見のお寺へお線香あげに行きます。

by naomemo | 2010-03-19 09:00 | ノン・カテゴリー


イラクで爆弾処理に当たる兵士たちを描いた「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグローが、米国アカデミー賞監督賞を受賞した。前評判通りの結果という感じか。米国アカデミー賞で女性監督が受賞するのは、史上初だとか。「とうとうその時が来た」と言えるのかも知れないけれど、「ずいぶん遅れてるよね」という言い方もできる。ちなみに「ハート・ロッカー」は、監督賞、作品賞、脚本賞など6部門で栄冠に輝いた。

それより昨晩の授賞式ダイジェストを観てて気になったのが、和歌山県太地町のイルカ漁を痛烈に批判したドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」。食文化の違いが根っこにあるのだけれど、いまは世界的に経済状況が悪く社会不安が高まっている状況。なんだか、あぶない雰囲気。ほんの少し映像が紹介されていたが、プロパガンダの匂いが強い感じ。しかし、あの映像のインパクトは大きい。予備知識もなく、あの映像を見せられたら、「日本人って残酷な未開人だね」と思い込む人も出てくるだろうな。

この問題は相当燃え上がる可能性が濃厚だね。クジラ問題、クロマグロ問題、トヨタ問題、そして今回のイルカ問題と、どうも悪いことが重なっている。残念だけど、どこもかしこも余裕を無くしてるね。

そういうわたしも、今日は余裕がないので、これにて。

by naomemo | 2010-03-09 08:30 | ノン・カテゴリー

c0112103_9251224.jpg


先日、ソニー・ピクチャーズの試写室を見せてもらった。じつに贅沢な空間だった。ゆったりした椅子の座り心地もよし。長く座っていても疲れないだろうね。ほんと、カンフォタブルだった。ピーコさんもいらしてた。

そして、4月公開予定の「月に囚われた男」も堪能させてもらった。もともと公開されたら見る予定でいたから、これはもう僥倖というほかない 。感謝。未公開なので、感想メモはサワリだけにしておこうと思う。

舞台は、月の裏側にある希少資源ヘリウム3の採掘基地。その基地に派遣されているのは男一人。その名はサム・ベル。契約期間は3年。仕事の内容は、一日一回、採掘されたヘリウム3をポッドに詰めて地球に送る作業のみ。それ以外の時間は、筋力トレーニングをしたり、マシンの上を走ったり、家族が住む町のミニチュアを作ったり。じつに孤独な時間、孤独な空間である。よく気が狂わないものだと思うけれど、それもあと2週間で契約終了となり、地球に帰還する予定だ。

その、残り2週間になって、基地の外で事故を起こす。どうやら体調不良が原因のようだ。ここから物語は思わぬ方向へ展開していく。

コンピュータのガーティ(声:ケヴィン・スペイシー)が話相手にはなるし、遠く離れた家族の映像が心のよすがになるのだけれど、3年間も地球の裏側の基地に一人で暮らす孤独とは、どのようなものなのだろうか。そして、その孤独は、心と身体をどのように蝕むものなのだろうか。その孤独な3年という歳月によって擦り切れたサム・ベルと擦り切れる前のサム・ベルを、見事に演じ切っていたのは、「グリーン・マイル」や「ジェシー・ジェームスの暗殺」で代替の利かない演技を見せていたサム・ロックウェル。彼なくしては、この作品の印象はずいぶん違ったものになったかも知れない。それほど素晴らしい演技だった。しかも、彼はこの作品のなかで、一人三役をこなしているのだ。

それにしても、なんて悲しい物語なんだろう。

この懐かしくも悲しい作品の若き監督は、ダンカン・ジョーンズ。わずか5億円という予算で、したがって手作り感覚満載で、これだけのものを作りあげた力量は賞賛に値する。調べればすぐ分かることだからメモしておくけれど、彼は、あのデヴィッド・ボウイの一人息子でもあるのだった。



by naomemo | 2010-03-05 07:40 | シネマパラダイス

c0112103_8212747.jpg


写真は、数日前に撮った、小雨の中の梅です。あと一週間もすれば、一斉に咲き始めるのかなという感じ。

さて、週末にアンジェイ・ワイダ監督の「カティンの森」を観てきました。昨年末から公開されてたので、ようやく、という感じなんだけどね。とにもかくにも、これほどまでに野太く、虚飾のない作品を撮り切った、ワイダ監督の意志と情熱と体力に、まずは拍手。こんな作品、滅多に出会えるものじゃない。

冒頭に、妻が、夫のアンジェイ大佐を尋ね歩く印象的なシーンがある。ようやく探し当てて、妻は夫に向かってこんなことを言う。

どうして行ってしまうの…、もう私を愛してないのね…、家族と国家とどちらが大切なの…、行かないで…。

軍人の夫は、離れ難い思いを抱きつつも、ロシアの捕虜となって黙って列車に乗り込む。女たちにとって大切なのは、国家ではなく、家族なのだが、男たちは、国家というものの幻想に忠誠を尽くし、そして無意味な死を迎える。いつの世も変わらないものなんだねえ、ほんとに。夫の生存を信じる妻は、いつまでも、いつまでも、夫の帰りを待ち続ける。

帰りの電車のなかでメモしたことを、ふたつ。ひとつは、ソ連のスターリンがカティンの森で実行させたこととは、つまり、ポーランドの「優秀な人間」の皆殺しだったんだな、と。これほどの殺戮を躊躇なく行なわせたスターリンの生い立ちとは、どんなものだったんだろうか。もうひとつ、ヨーロッパで信仰心が薄くなったのは、大陸を戦場にした二つの戦争のせいなのかも知れない、ということ。それを示唆するシーンもある。この作品で描かれていることは、現代にもしっかりつながってるんだよね。

それにしても、残された妻たちの、なんと気丈なことか。

エンディングの銃殺シーンのあと、まるでフィルムが切れたかのように画面がパッと白くなる。ほんの数十秒?ほどの間、レクイエムらしき曲の一節が流れる。そのあと画面が黒く反転し音が消える。静かに、黒バックに白抜きのエンドロールだけが、延々と映し出される。これほど静謐なエンディングは、ちょっと記憶にないね。ちなみに、後で調べたところ、このレクイエムは、ペンデレツキという人の「ポーランド・レクイエム」だと知った。ナクソスから出ているようなので、いっぺん全曲通して聴いてみたいものだ。



おまけです。youtubeにワイダ監督の特集TV番組が上がっていたので、リンクをシェアさせてもらいましす。タイトルは「アンジェイ・ワイダ 祖国ポーランドを撮り続けた男」。


by naomemo | 2010-02-15 08:42 | シネマパラダイス

WORLD CLASSICS@CINEMA


新しい試みが始まってる。昨年、UKオペラ@シネマと銘打った企画が展開していたらしい。英国のロイヤルオペラなどで上演されたオペラのライブ映像が、ソニーの仕切りで各地の映画館に配給されていたそうだ。聞いたことがあったような、なかったような…。これまでクラシカルの分野では器楽曲ばかり聴いてきて、ほとんどオペラには縁がなかったんだけど、そろそろいいかもと思い始めていた矢先に、あらま、びっくり、である。これ、僕みたいなオペラ入門希望者にはぴったりかも。

おそらく、昨年の「UKオペラ@シネマ」が好評だったんだろうね、今年はその名も「WORLD CLASSICS@CINEMA」へ脱皮して、中身も充実、規模もぐっと拡大している模様だ。「映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行」となっている。折をみて、観てみようと思う。

正直、この手の企画、以前なら「そんなアホなことを」と思ったに違いない。ライブはライブ、複製は複製でしょ、と。けれど昨年マイケルの「this is it」を映画館で観て、なるほど、こういうカタチもありなんだなと実感しちゃったのだ。実際、映画館に足を運んで、世の中、映画ファンより音楽ファンの方が圧倒的に多いこともあらためて痛感したしね。今では「それ、ありだよ」って思う。

それに映画館はすでに供給過剰の状態にあって、いつ整理淘汰が始まっても不思議じゃない。ハコばかり作って来たからだよと非難したい気もするけど、そんなヒマがあったら、出来てるハコを再利用というか有効利用する方が正しき道じゃなかろうか。いや、正しいかどうかは分からない。三歩ゆずって、いまどきの考え方、かな。それと、さっきの「this is it」に話に戻るけど、当の本人マイケルが亡くなって、もう永遠にステージが観られないからという理由があるにせよ、20回、30回と映画館に通いつめたファンも多いのだよね。ここには大きなヒントがあると思うんだよね。

いろいろ考え合わせると、映画館での音楽ライブ映像の放映は、なにもクラシカル分野に限る必要はないし、ポップやロックに間口を広げたら面白いんじゃないのかな、と。演劇まで広げたっていいしね。音響設備の良いところをチョイスして手軽な料金で展開したら、もちろん演し物次第だけど、そそそこ盛り上がるんじゃないのかな。ただ悪ノリすると飽きられるから要注意だけどね。

こういうの、ソニーピクチャーズとソニーミュージックあたりが連携して展開すれば成立するような気がするけどな。あるいは、wowowあたりがやってくれてもいいんだけどさ。どうでしょうね。

by naomemo | 2010-02-10 08:25 | シネマパラダイス

c0112103_2133773.jpg


今年は「3Dテレビ元年」などと言われているそうな。ほんとかな、3Dって、まだテレビの段階じゃなく映画の段階じゃないの、なんて思っていたんだけど、すでに家電業界では3Dテレビの規格をめぐる熾烈な戦いが始まっているようだ。

こちらとしては最近のハリウッド映画には辟易してるし、この手の話にすぐに飛びつく方でもないんだけど、話題の3D作品「アバター」が空前のヒットになっているらしいので、やっぱ観ておくかと、一昨日マイカル港北まで出かけた。事前に、「物語の展開が速いし、3Dでは文字が見づらいから、吹き替え版がいいよ」と知人から聞いていたので、アドバイスに従って吹き替え版で観た。

こういうスペースものというか、アドベンチャーものでは、ド迫力だね。2Dの世界とは臨場感が違う。スクリーンの中に入り込んでいるような錯覚にとらわれる場面もあった。そういう意味では、いっぺん体感しておく価値あり、かな。ただ、お年寄りや心臓の弱い人にはちょっと刺激が強いので、避けた方がいいかも知れない。すぐ目の前まで武器が突き出てきたら、心臓が飛び出しちゃうかも。

肝心のストーリーは、映画館に足を運んで観ていただくのが一番なんだけど、でも、ちょっとだけ。時代設定は地球から緑が失われてしまった22世紀。場所はパンドラという地球から遠く離れた星。そこへ地球人がやってきて貴重な地下資源の確保を目論む。その目的のために先住民ナヴィを迫害することも、生命の森を破壊することも、まったく厭わない。つまり、これ、米国におけるインディアン迫害の歴史をベースにした物語なんである。そこに、いまも世界中で進む資源獲得競争と環境破壊が上手にミックス、じつによく計算された娯楽大作なんである。

でもね、キャメロン監督自身もインタビューで答えているらしいけど、宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」から多くをインスパイアーされていることは明白。「大きな影響を受けている」という言い方もできるし、「ここまで真似してもいいもんなの?」という言い方もできる。判断は一人一人がすればいいことだけど、僕は正直なところ後者の「?」の方である。

もうひとつ。「アバター」は中国でも公開されているけれど、いきなり上映館が縮小されたそうだ。政府当局が支援している映画「孔子」の上映館を増やすためとも、地下資源確保をめぐって先住民を迫害する地球人の姿が政府当局にダブルから、とも言われている。さて、どっちでしょう。



by naomemo | 2010-01-25 08:56 | シネマパラダイス

c0112103_21111837.jpg


春先から心待ちにしていた。首が伸びきって折れちまうんじゃないかと心配したほどだ。なにしろ久々のウェイン・ワン監督作品なのである。スケジュールをやりくりして、一昨日、恵比寿ガーデンシネマまで足を運んだ。

それにしても、こんなにも起伏が少ないのに、これほどまで愛おしい作品も珍しい。舞台はアメリカの都市近郊。主要な登場人物は中国人の父と娘、イラン出身の老婦人、ロシア出身の男性の4名。それなのに、まるで古き良き日本映画というか、センスの良い短編の私小説映画を観ているようだった。

荷物がベルトコンベアーに乗って流れている。どうやら空港らしい。父親が娘に会うために北京からやってきたのだ。機内で隣り合ったらしい女性二人と別れの挨拶を交わしている。このワンシーンだけで、彼のプロフィールの一端が垣間見える。こういう見せ方って、ほんと粋だねえ。迎えにきた娘が、スーツケースを二つ、さっと取り上げる。赤いハンカチが目印になっていたようだ。これもまた、さりげない伏線。娘が運転して自宅へ向かう。アパートは娘一人で暮らすには十分な広さの2LDKだ。

父親が北京からやってきたのは、娘が離婚したことを気遣ってのこと。落ち込んでいるんじゃないだろうか…、元気に暮らしているんだろうか…。表向きはアメリカ旅行のついでに寄ったというが、一人娘のことが心配でやって来たのだ。それかあらぬか、話題が核心に触ることはない。父親は、毎晩のように手料理を振る舞う。でも、娘から笑顔がこぼれることはない。細やかな気遣いは見せるものの、父親の話にも、うなづく程度。どうにも心は晴れないようだ。食卓には、ぎこちなさが漂ったままだ。

娘は大学図書館に勤務しているのだが、その間、父親は新聞を読んだり、食料品を買い出しに行ったり、近所を散歩したり。そのうちに公園でイラン出身の老婦人と出会う。かたや中国語とカタコトの英語、かたやペルシャ語とカタコトの英語なのだが、なんとなく心が通うようになる。お互いの身の上を感じ取り、毎日のように公園のベンチで会うようになる。なんとも味わい深いシーンである。

ある日、娘の帰りが遅いのを心配して、バス停まで迎えに出る。でも、最終のバスにも娘の姿はなかった。父親の心配はいかほどか。やがて一台のセダンが近づいてくる。

その晩、父親が静かに問う。娘が重い口を開く。離婚の経緯を、ロシア人男性との関係を語り始める。そしてこんどは娘が父親の過去を問いつめる。その娘の言葉に、頭を垂れて、静かに耳を傾ける父親。

翌朝、父親は、ゲストルームのベッドに座ったまま、壁を隔てたリビングで出かける準備をしている娘に聞こえるように、昨晩の娘の言葉に対する答えを独り言のように語り始める。

父親シー氏:ヘンリー・オー、娘イーラン:フェイ・ユー、イラン出身の老婦人:ヴィダ・ガレマニ、ロシア人男性ボリス:パシャ・リチニコフ。監督:ウェイン・ワン、原作・脚本:イーユン・リー。役者たちも、スタッフも、全員が、ゆっくり、ふかぶかと呼吸しているのが感じられる。特別なことは、何もない。名作スモークから12年目の、小さな奇蹟。間違いなく、2009年海外映画ベスト5に入るだろう。ちなみに、もう一本、姉妹編があるらしい。日本での公開はあるのだろうか。

(追記)
俳優の香川照之、ウェイン・ワン監督、日本人プロデューサーの対談が、日経BPのサイトに載っていた。9ページあるけど、興味のある人はどうぞ。
「スモーク」から「千年の祈り」へ 香川照之がウェイン・ワン監督を直撃



by naomemo | 2009-12-15 08:29 | シネマパラダイス

c0112103_21194383.jpg


以前、「難物だった」と書いて放っぽりだした、ジャームッシュの新作「リミッツ・オブ・コントロール」だけど、シーンが展開していく度に「?」を抱え込んでいくことになった。まるで哲学的な「なぞなぞ」を、いくつも仕掛けられているような気分だった。ここまでワガママやるもんかなあって思いつつ、でも、しばらくフローの状態にしておいたら、なんとなく解けてきた感じ。

ストーリーの骨格そのものは、じつはシンプル。「孤独な男」と呼ばれる殺し屋が、ある組織から、クレオール人、フランス人というコードネームを持つ二人組を通じて、「自分こそ偉大だと思う男を墓場へ送れ」という使命を受け取り、スペインに渡る。行く先々で、ヌード、ブロンド、分子、ヴァイオリン、ギター、メキシコ人、ドライバーといったコードネームを持つ仲間から暗号を受け取り、目的地を目指す。なんだか、螺旋状に動いてるだけのようにも見えるんだけど、ね。

しかし、どうなるんだろうという杞憂をよそに、ついに殺すべき相手のアジトに到達する。そしていともたやすく潜入し、目的を果たす。敵が誰だったのかちゃんと分るし、その敵を倒すことが何を意味するかも明らかにされる。911後が描かれていることも伝わってくる。ストーリーとしては、それだけのことなんだけど、とても奇妙な時間が流れているから、なにやらモヤモヤしちゃうんだよね。

たとえば殺し屋は、間の抜けたゴルゴ13みたいだし。お互いを知らない仲間と落ち合う目印が、テーブルの上に置かれるシングルのエスプレッソ2杯だったりするし。それだけじゃなく、お互いの本人確認はダブルチェックになっていて、「スペイン語は話せるか?」「いいや」っていう、妙な合い言葉になってるし。仲間が「孤独な男」に語る言葉に、なにか秘密があるのかと思って聞いていいると、どうもそうでもないらしい。暗号は、マッチ箱に入った紙片に書かれているだけなのだ。

そのうち、ストーリーの流れとほとんど無関係に展開される「孤独な男」とコードネームを持つ仲間たちと交流シーンは、ジャームッシュから愛する俳優ひとりひとりへのオマージュに違いないと気づく。そしてそれぞれのシーンに、つながりがあるような、ないような、ふわふわした感じがするのは、すべてジャームッシュの脳の中の出来事だからなんだと気づく。アジトのコンクリートの堅牢な壁を、誰にも気づかれることなくスルリと抜けられるのも、脳の中のことだからなんだよね、たぶん。

とにもかくにも、ジャームッシュと俳優の間に親密な空気が流れている映画であり、スペインの風景をゆっくり楽しむ映画であり、ジャームッシュの好きな音楽を楽しむ映画であり、それぞれの俳優の空気を楽しむ映画でもある。ジャームッシュの脳の中へ、ようこそ、だね。個人的には白装束の「ブロンド」の姿が目を引いたし、フラメンコ・ダンサーの魔法のような手の動きに酔えた。ひょっとして、これは俳優たちへの遺書なんだろうか。そんな思いさえよぎってきた。



by naomemo | 2009-12-11 09:10 | シネマパラダイス