タグ:ヴェム・ヴェンダース ( 1 ) タグの人気記事

c0112103_11502424.jpg


「はじめてピナの舞台を観た時、私は感情を解き放ち、とめどなく泣いた。人生初の経験だった」。監督ヴィム・ヴェンダースの言葉だ。衝撃的な出会いだったんだね。すぐに映画化を思い立ったようだが、実際にこうして「ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」として結実するまでに20年の歳月を要している。

方法論を思いつかなかったからだというのだけれど、しかしこれはいかにもヴェンダーズが得意とするインタビュー多用型ドキュメンタリーの方法論で撮られており、それ以上でもそれ以下でもないと思う。すでにこの世にいないピナを描くのに、そしてピナが追い求めていたダンスを描くのに、これほど相応しい手法はないと思う。だから20年の歳月が流れたのは、おそらく別のところに理由があるだろうと勝手に思っている。

ピナはダンサーに向かって言う。「もっとクレイジーになりなさい」「ずっと探し続けなさい」と。それはダンサー自身が「自己を解き放つ」ことであると同時に「魂の深みへダイブする」行為を促す言葉であるに違いない。

そうした行為は、脳化が進んだ現代において身体性を恢復する作業ともなるはずだけど、同時に大きな危険を伴う行為でもあると思う。ピナという導師がいて、たぶん可能なことだったに違いない。そんなことを、このヴェンダースの映像作品から強く感じた。ピナも凄いけど、ヴェンダースもスゴかね。




by naomemo | 2012-03-19 18:40 | シネマパラダイス