c0112103_18255783.jpg


渋谷文化村ルシネマが毎週火曜日サービスデーになってることを知って、さっそく昨晩、仕事を放り出して行ってきた。目当ては、同時上映の「ダウト」ではなく、「ホルテンさんのはじめての冒険」の方である。なんとなく気になっていたのだ。

ベテラン運転士ホルテンさん、アパートで一人暮らし。お弁当と飲み物を用意し、小鳥のかごに覆いをかけて仕事場に向かうシーンから始まる。電車に乗り込んで、やおらパイプに火を付けて出発。しばらくして暗いトンネルを抜けると、そこは一面の雪景色。まるでホルテンさんが運転するベンガル急行に乗り込んでいたかのように、トンネルから抜けた後に飛び込んできた雪景色がじつに眩い。

なんだか川端康成の小説の出だしのようだなあと思う。そしてトンネルに入ったり抜けたりの繰り返しが、なにやら不思議な世界の始まりを暗示するシーンのように印象的。しっかりと脳裏に刻み込まれた。

ホルテンさんは、晴れがましい席を好むタイプではなく、淡々と40年間、電車の運転士として実直に働いてきた人だ。ところが、67才の誕生日で定年を迎える前夜から、奇妙な出来事に次々と遭遇する。送別会の二次会が開かれているアパートに入れなかったり、いつも愛用しているパイプを紛失したり、靴を失って赤いハイヒールを履く羽目になったり…。そしてある老人との出会いをきっかけに、自分を縛っていたものと初めて本気で向き合うことになる。新しい人生を歩むには、やはり何か大きなきっかけが必要ということなんだろうな。やがて、ホルテンさんが独身を通してきた理由も見えてくる。

それにしても、この「ホルテンさん」という映画は不思議な感覚に充ち満ちている。現実と非現実のトワイライトゾーンのような世界とでもいえば良いだろうか。北欧世界の時間と、極東の日本世界の時間とでは、こんなにも違うものなんだねえ。監督、脚本のベント・ハーメルという人、少し気に入りました。そして北欧の映画を、これからも観て行こうと思う。



# by naomemo | 2009-04-08 07:00 | シネマパラダイス

c0112103_8281867.jpg


港北マイカルまで出かけて、ようやく「おくりびと」にありついた。

奥の間で横たわる若い女性。どうやら遺体のようだ。納棺夫(おくりびと)らしき人物が二名、そしてその女性を見送るべく集まっている身内たち。やおら主人公の納棺夫(本木雅弘)が、遺体を浄める作業に入る。ところが、股間に思わぬものが…。納棺夫の上司(山崎努)と思しき人物が、身内と話し合うというシーン。これがタイトルバックの映像。

ここで場面が転換し、いったん過去へ戻る。主人公夫婦が、都会から故郷の山形へ移住することになる経緯が紹介される。主人公が所属する楽団が経営難で解散したことで、主人公はいとも簡単にチェロ演奏家の道を諦める。ウェブデザインの仕事をしている妻も、いとも簡単に夫の故郷について行く。このあたりの経緯の作り方には、少し無理があるのかなと感じる。

その後、納棺夫になる経緯、納棺夫としての初体験、妻との食い違い、幼馴染みの一言、失踪していた父親の死など、さまざまな変遷を経つつ、主人公が「死を弔う」仕事を通じて成長していく物語が展開する。仕事を通じて、己を見つめ、人生を見つめる真摯な姿。しかし、ユーモアもふんだんに盛られ、泣ける場面も用意されている。過去の経緯の場面を除いて、よく出来た映画だと思う。でも、湯灌のシーンはなかったね。地域や宗派によって違うのかな。

余談だが、本木君って、いつも背筋がビシッとして姿勢がいいなあと思っていたが、身体を鍛え抜いているからなんだねえ。



# by naomemo | 2009-03-24 07:00 | シネマパラダイス

c0112103_8191239.jpg


いまをときめく落語家の中でも、その語りの「間」の良さは随一と言われる立川志の輔。その噂がなんとなく気になって、以前、彼の「死神」をCDで聞いたことがある。「そうかなあ、そんなにいいかなあ、そうでもないんじゃないかなあ…」というのが正直な感想だった。そのダミ声も、好みではないし、立川流は口に合わないのかもなあと思ったりもしたものだ。

以来、彼の落語を聞くことはなかったが、昨日WOWOWで、彼の新作落語「歓喜の歌」を聞く機会に恵まれた。パルコ劇場でのライブの録画放映だった。

軽いジャブのようなマクラのあと、いきなりポーンと地方の公民館へ持って行かれた。しがない中年の主任と若手とのやりとりから、年末31日の公民館ホールの貸出しをダブルブッキングしてしまったらしいことが分かる。じつにドジでやる気のないやつらである。さらに、どちらも主婦のコーラスグループだったことから、「どうせ主婦の暇つぶしじゃないか」とタカをくくって対応。そこから、話しは厄介な方向へ展開していく。

しかしそのうちに、ラーメン屋の出前から聞かされたオカミさん(コーラスグループの一員)の頑張りとサービス精神(お昼に注文を間違えたお詫びに餃子を出前に持たせた)に心動かされ、ようやく気持ちがしっかり入って、問題を解決していくという主任たち。

聞いているうちに、いつのまにか好みじゃないダミ声も気にならなくなり、持っていかれました。笑いあり、ペーソスあり、涙あり。まるで落語映画を観ているような気分になっていた。

そう、落語映画なんだよな、たぶん。たとえば古今亭志ん朝の落語は「芝居の回り舞台」を想定して語られている雰囲気があるが、立川志の輔の落語は「映画のスクリーン」が想定されているのではないか。場面展開がじつに映画的なのだ。そこが彼の落語の新しさかも知れない。

落語の後、その映画作品も放映されていたので観たのだが、落語の方が圧倒的に面白かった。映画の方は、原作にない部分を書き込み過ぎたのがアダになったように思う。ようするに語り過ぎということだね。脚本と演出を担当した人には、余白とか省略の意味を知っていただきたいと思う。

# by naomemo | 2009-03-16 07:00 | 音楽から落語まで

c0112103_1954859.jpg


映画の日に、クリント・イーストウッド監督作品「チェンジリング」を観る。1928年。大恐慌の前年。ロサンジェルス郊外。バブル期特有の喧噪感のようなものは直接写し出されてはいないのだけれど、その代わりに目にすることになるのが警察権力の横暴。なんとでもなるという全能感が世の中を支配している、そういう時代に、というか、そういう時代だから、チェンジリングは起きたということなのだろう。

ある日、息子が消える。しばらくして警察が別の子供を連れて来る。息子ではないのに息子として押し付けられる。こんな理不尽が本当にあったとは、信じ難いほどの愚かさだが、全能感に支配された世の中では、異常と正常が容易に入れ替わる。

それでも彼女はひとりで闘いを続ける。そのうちに精神病院に放り込まれる。犯罪者は監獄へ、云うことを聞かないやつは精神病院へ、ということなのだろう。病院には、「反抗的な女性たち」が大勢放り込まれている。男たちは、女たちの、いったいなにを怖れているのだろう…。

ここにひとつのミステリアスがある。

やがて彼女の闘いを支えることになるのは、長老派の牧師、そして社会派の弁護士。彼女の夫は登場しない。息子の父親に関する言及は一回あるだけ。牧師あるいは弁護士が父親の役割を果たしているようにも見えてくる。

ここにもひとつ、ミステリアスがある。

物語は思わぬ展開を見せることになる。子供の捜索を続ける刑事が、たまたま「息子」につながる一本の糸と遭遇するのだ。やがて、生々しく熱い神話的な別の物語が姿を現し、むくむくと動き始める。それにしても、小羊の血を求める獣の物語が、なぜ、現代の米国社会に脈々と生き続けているのだろうか。

ここにもまたミステリアスがある。

やがて二つの物語が出会い、開かれ、混ざりあい、一つの物語に織り込まれ、大団円に向かっていく。やがて、母親の口から、ひとつの言葉が漏らされる。「あの子の存在を感じるの」。耳の奥に残り、胸の中で静かに広がる言葉だ。どうやら、この物語には、死者の声が木霊しているようだ。

クリント・イーストウッドという監督は、一貫して、米国社会の、あるいは人間の、光と陰の境目を見続けてきた人なんだなあ。当時の風俗も楽しめる。役者たちの演技もじつに素晴らしい。絶品である。



# by naomemo | 2009-03-05 07:30 | シネマパラダイス

古今亭菊六を聞く

c0112103_1241981.jpg


古今亭志ん朝が好きである。なにはさておき声がいい。ツヤがあり、ハリがあり、高座でも舞台でもよく通る声だったに違いない。

ポンポンポンポンポーンと刻まれるリズムがまたいい。音楽では当たり前のことだが、リズムってのは落語にとっても重要で、噺を前へ前へと運んでいく推進力の役割を担っているのだ。

そして登場人物の演じ分け。おそらく長年の芝居経験を通じて会得したのだろうが、色っぽい女をやらせても気風のいい職人をやらせても、じつにうまい。もうほとんど独り芝居の域に達していた。稀有の落語家だったと思う。 

そんな志ん朝の再来!と目される二つ目がいるという噂を耳にした。ホントかい?と半信半疑ながらも、心穏やかではいられない。名前を聞くと、菊六だという。師匠は誰かと調べてみたら、円菊とある。「背中の志ん生」の作者ではないか。本を読んだことはあるが、高座を聞いたことはない。CDでもない。志ん生最後の弟子、大器晩成の苦労人という程度の知識しかなかったが、その弟子の菊六が、志ん朝の再来と聞けば、これはもう自分の目と耳で確かめるほかあるまい。

というわけで、先週土曜日の昼下がり築地まで出かけた。前座が寿限無をやって、その後に登場。29才とは思えぬ落ち着いた風情。なかなか色男である。麻生太郎の不甲斐なさやら(大学の先輩に当たるそうな)、三平襲名の場所のことやら、ちと辛辣とも取れるマクラの後、やおら始まったのが「湯屋番」。噺を自分のものにしていて、人物をよく演じ分けていて、愉快であった。もちろん声もいい。

10分の休憩を挟んで、次の出し物は「火焔太鼓」。湯番屋はさておき、火焔太鼓といえば、志ん生の十八番ではなかったか。どうなることか、期待半分、心配半分。本人も相当気合いが入っていたようで、汗びっしょりになって演じていた。好感が持てた。これから機会を見つけて出かけようと思った。

ただ、ひとつだけ気になった。志ん朝は決して見せなかった「毒」のようなものが、かすかに匂ったことだ。そのあたりがどうなっていくのかも見守っていきたい。

# by naomemo | 2009-02-16 08:31 | 音楽から落語まで