311から丸4年


c0112103_73176.jpg


2011年3月11日14時46分。突如、激しく長い揺れに襲われた。収まったかと思うと揺れ、収まったかと思うと揺れた。建物が崩壊する悪夢のようなイメージに捕われながら、オフィスの書棚を支えていたことを思い出す。どれくらいの時間が経過しただろうか、やや落ち着きを取り戻した途端、とても激しい渇きを覚えた。

コンビニに向かった。食品が消えていた。かろうじて残されていたミネラルウォーターを二本買ってオフィスに戻った。インターネットは生きていたが、電話は繋がらなかった。公共交通機関は機能不全となっていた。皇居を中心に放射線状に広がる東京の道路は、職場を離れ自宅へ徒歩で移動する人々で埋め尽くされていた。まるで蟻の大群がゆっくり移動しているかのようだった。

自宅にたどり着いたのは真夜中だった。テレビ画面に映し出された津波の映像を見て愕然した。翌朝、福島原発がメルトダウンしたという報道が流れた。

内部被曝や除染に関わる専門家、東京大学先端技術研究センターシステム生物医学教授の児玉龍彦氏によれば、福島原発事故で漏出した放射線量は、熱量換算で広島の原爆の30倍、ウラン換算で20倍とのことだった。その影響が本格化するのは、おそらくこれからである。

東京電力と政府の対応の杜撰さ、想像力の欠如については、もはや云うまでもないだろう。しかし、我が身を振り返って、同様の症状にまったく陥っていなかったかどうか。そう思ったらなんだか落ち着かなくなった。

そして、自分自身を再生する試みが始まった。どれほどの成果が上がっているか、まったくもって定かではないが、その時の気持ちを風化させないために、5年目の311に記しておこうと思う。

最後にひとこと。東京オリンピックの成功より、まずは福島の再生を。

# by naomemo | 2015-03-11 07:09 | ノン・カテゴリー


c0112103_8464659.jpg


今回は過去から現在への移植です。

いまからちょうど5年前、NHK BS「おはよう世界」を見ていたら、英国で被害を拡大させているイタドリという外来種植物が紹介された。

イタドリの繁殖力はきわめて旺盛で、「在来種の植生を脅かす外来種となり、コンクリートやアスファルトを突き破る」(ウィキペディア)などの被害が多発していたと云います。往時なら、薬剤を撒布して生育を止めるなどの対策が取られたのでしょうが、環境への配慮が重視される現在ではそれもできず、別の方法が模索された。

そして白羽の矢が立ったのが、もともとイタドリと同じ環境にいたイタドリの天敵。イタドリ・マダラ・キジラミ。あれ、なにそれ、日本語じゃないの?と思うでしょ。そう、英国から見た外来種イタドリとは、もともと日本から持ち込まれたものらしい。それが大繁殖して生態系を狂わせていたので、同じ環境出身のイタドリの天敵で繁殖を止めようと計画されたわけ。ふむふむ。(※)

その後、英国におけるイタドリ対策はそこそこうまく行っているらしいのですが、いやいやまだ分かりませんよ。生態系の異変は、アハ体験のごとく緩慢に進んでいって、気がついた時には取り返しがつかなくなっていたりするものです。それかあらぬか、スコットランドは外来種を持ち込む対策には反対の立場を取っていると云います。

生態系は一度狂うと、なかなか元に戻れない。

そこで思うのが、植物や昆虫に生態系というものがあるのなら、人間だって同じ土俵の上にいるはずだよねということ。社会のあり方、文化のあり方、宗教のあり方、経済のあり方、金融のあり方まで、すべてに渡って同じことが云えると考えてみたらどうだろう、と。

たとえば移民問題。欧州域内では、経済効率の観点から移民受入れ促進政策を続けてきたけれど、ちょうど英国でイタドリが問題になり始めた頃から、移民排斥の機運が高まっていたわけね。こうした同時性には驚くほかない。

そして、今がある。だから、イタドリのその後はとても気になっている。

(※)
当時の番組キャスター高橋弘行氏は、このイタドリのニュースにこんなコメントを追加した。以前、南米で同環境の生物を利用した生態系維持対策を打ったところ、こんどは対策に使った生物が大繁殖して別の被害が拡大した例もあると。この味付けで、ニュースにぐっと深みと広がりが増したものだ。彼のコメントがじつに面白くて毎朝のNHKBS海外ニュースを楽しんでいたのですが、なぜかその後に降板となって久しい。ぜひ戻ってきて貰いたいものだ。



c0112103_8472772.jpg



欧州雑感08:国境が復活する気配
欧州雑感07:弱い国が強い通貨を持つ悲劇
欧州雑感06:スペインが熱い
欧州雑感05:イタドリという外来種
欧州雑感04:二つのグループ
欧州雑感03:内部の宗派対立
欧州雑感02:統合か愛国か
欧州雑感01:地中海国境という言葉


画像出典:イタドリ(写真上)イタドリ・マダラ・キジラミ(写真下)

# by naomemo | 2015-03-06 08:51 | いまを読むノート


c0112103_7252476.jpg


はじめての金読本、移植第7弾です。2010年01月25日に公開した原稿に手を入れたものです。

さて、この「はじめての金読本」の移植も、第2段階に入りました。これから、とびとびで3回にわたって、初心者向けの金価格の基本について紹介します。

まず、金には「定価」のようなものがありません、という辺りから始めましょうか。金の価格は、まるで生き物のように、つねに上がったり下がったりしています。(※)

なぜ価格が動いているのかといえば、それは株式などと同じで、買う人もいれば売る人もいるからです。買いが入れば上がり、売りが入れば下がり、さらに売りが入ればまた下がり、買い戻されればこんどは上がり、ということが延々と続いているためです。

身近な例で分かりやすく説明しましょう。ご近所の、たとえば食品スーパーで売られている野菜や魚介類の値段は、毎日同じというワケではありませんね。わずかのことかも知れませんが、毎日違うはずです。収穫量が多かったり、漁獲量が多ければ、つまり品が豊富にあれば、おおむね値段は下がります。その反対に、天候悪化などで品が薄くなれば、どうしたって値段は上がりますね。

金もそれと同じことで、金価格は金市場における売り買いのバランスで決まっています。基本的には、買い(需要)が勝れば価格は上がり、売り(供給)が勝れば価格は下がります。

金価格については、まずはこの点をしっかり覚えておいてください。

百聞は一見に如かず。下のチャートが、2015年3月5日AM7時半(日本時間)に見たドル建て金価格の直近3日間の動きです。金は、時差を追って一日24時間、世界のどこかで取引されていますから、時々刻々、上がったり下がったりしていることが分かります。(チャートをクリックすると、kitocoのライブチャートにジャンプします。)

(※)
ドル建て金価格は時々刻々と動いているのですが、日本国内での現物の円建て金価格は、朝9時半に発表されてから変更になることは稀です。それは、店頭での取引の便宜上、些細な変動は小売価格と買取価格の値幅のなかで、各社が吸収しているためです。ただし、ドル建て価格あるいは為替(ドル円)が大きく動いた場合には、変更になります。




c0112103_7254543.jpg



チャート画像出典:
http://www.kitco.com/charts/livegold.html


イラスト:三井孝弘さん



# by naomemo | 2015-03-05 07:52 | →はじめての金読本

緩やかな変化こそ


c0112103_22311260.jpg


先日ひさしぶりに脳科学者の茂木健一郎氏の姿をテレビで見た。番組でいつもの(写真の一部が緩やかに変化する)「アハ体験」を紹介していたのだが、出演者もテレビで見てる私も、どこが変化したのかほとんど分からなかった。

あとで種明かしとして、変化する前と変化した後を一度に見せられて、えっ!こんなに変化してるのに、どうして気づかないの、と、ガックリ。

我ながら情けないよねえ、観察力が弱いのかなあと思いつつも、生来の負けず嫌いゆえか、なぜ見つけられないのだろうと、あとになって気になってきた。

と、こんなことをメモしているうちに、ふと、ひらめいた。ひょっとしたら観察力の問題じゃないのかも知れないな、なんてね。

ふつう、人の認知力は、おおむね緩慢な変化には対応できるけど、素早い変化にはなかなか対応できない、と思われている。けれど、実際にはその反対で、人の認知力は、素早い変化には対応できるけれど、緩慢な変化には対応し難いという特性を持っているのではあるまいか。この冒頭で紹介した茂木健一郎氏の「アハ体験」が、なによりの証拠ではあるまいか。

そう思って見渡すと、たしかに認知できるのは素早く変化したものであることが多いような気がする。同時に、いま目の前で確実に進んでいるであろう変化も、それが緩慢であればあるほど気づかれていない可能性は高い。

しかも、おそらく緩慢な変化の方が、素早い変化よりも重大であったりするから、困ったものだ。緩慢に変化しているものはなにか。ゆっくり、じっくり、寄り道しながら、楽しみながら、見つめていきますか。

本日は、なんともまとまりのない話になりましたが、これにてお仕舞いです。


画像出典:
https://www.flickr.com/photos/alaind20sn/392968590/in/set-72157594540660171/


# by naomemo | 2015-03-04 07:39 | いまを読むノート


c0112103_902812.jpg


欧州ではEU内の国々を二つに分けて論じることがあるようだ。すなわち、アングロサクソン・グループとラテン・グループと。ゲルマンも前者のアングロサクソン・グループに入れているのだろうか。いずれにしても、このふたつグループの溝はとても深いという認識があるようだ。

ふむふむと思いつつも、極東の島国から眺めていると、これは民族間の溝であると同時に宗派間の溝であるように感じられないこともない。〈欧州雑感03:内部の宗派対立〉でも触れたけれど、欧州には東方正教会派のほかに、カトリック教会派とプロテスタント諸派が混在しており、そもそも一枚岩にはなりにくい歴史的背景がある。

そして歴史の綾ともいうべきかどうか、アングロサクソン・グループの国は、カトリックの総本山から地理的に遠いところに存在している。コントロールの薄い地域で宗教革命は起きた。ここのところで民族的な資質と地理的な要因がクロスしたわけだよね。

リーマンショックに起因する世界金融恐慌とそれに続く景気後退で、金融・財政部門の改善が自力では達成できない可能性のある国として名前が挙がった国はどこだったか。ポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペイン、これにアイルランドを加えた5カ国です。ギリシャを除くとすべてカトリックの国です。

こういう表現が適切かどうか分からないけれど、教会の大きな屋根の下で神の慈愛に包まれるカトリックに対し、聖書を片手に航海に出て神の声を直接聞くプロテスタント、このふたつは生き方が大きく違うのではないかと感じます。

第二次大戦後、経済軍事大国化する米国に対抗して欧州は経済連携を深め通貨も統一して来たわけだけれど、リーマン・ショックをきっかけに歯車が狂い始め、理想と現実の違いが次々とあらわになりつつある。いちど狂った歯車はなかなか元には戻らない。英国がユーロに与しなかったのは、思えば当然のことで、なにしろ清教徒革命が吹き荒れた国なのだから、カトリックと同一の通貨にはなり切れない歴史があるわけね。

こうした民族、宗教、文化の大きな違いまで考えると、ユーロはまさに正念場という感じがする。ギリシャの扱いを過つと、亀裂からマグマが吹き出す可能性があるのでは、と。将来も地域通貨なるものが存続するとすれば、ユーロはふたつに分断したらどうなのだろう、などと妄想したくもなる。そんな単純な問題じゃないことは重々承知しつつ、興味は果てしなく広がっていく。


欧州雑感08:国境が復活する気配
欧州雑感07:弱い国が強い通貨を持つ悲劇
欧州雑感06:スペインが熱い
欧州雑感05:イタドリという外来種
欧州雑感04:二つのグループ
欧州雑感03:内部の宗派対立
欧州雑感02:統合か愛国か
欧州雑感01:地中海国境という言葉

画像出典:ウィキペディア「カトリック教会(サン・ピエトロ大聖堂〉」


# by naomemo | 2015-02-27 09:23 | いまを読むノート