VW不正についての空想


c0112103_1091055.jpg


 20世紀において、自動車メーカーは、走行性能とデザイン性能を競って乗用車を生産して来た。その筋の専門家ではないので、あくまでもザックリとした俯瞰に過ぎないが、大きく的を外してはいないだろうと思う。

 ところが21世紀に入って環境性能と燃費性能の重要度が飛躍的に高まった。その、まさに時代の変わり目に出現したのが、世界初の量産ハイブリッドカー・プリウスだった。プロトタイプの発表が1995年、初代プリウスの発売が1997年。その後ホンダのインサイトが続き、ハイブリッド・カーという名のカテゴリーは、日本の自動車メーカーの十八番となって進化を続けている。

 じつはハイブリッドカーそのものは、欧米自動車メーカーが早くから先行してこれまで何度も取り組んできたものの実現に至らなかっただけに(その歴史は1896年のフェルディナント・ポルシェにまで遡るらしい)、日本に先を越されたことへの焦りは、相当なものだったに違いない。

 その後、トヨタのハイブリッド・システムは進化を続け、今年12月に発売が予定されている第四世代のプリウスは、リッター40キロ走行を達成しているという。まさに驚くべき進化である。。。

 うっかり忘れるところだった。本日の主題はプリウスではなく、VW(フォルクスワーゲン)によるディーゼルエンジン車・排ガス規制不正だった。

 さて、話題はVWに代わるが、同社による不正の第一報に接して最初に浮かんだ疑問は、ドイツ製造業を代表する企業が、いつか露見するに違いない稚拙な不正になぜ手を染めなければならなかったのか、だった。ゴキゲン、ワーゲンなんて、楽しそうじゃんと思っていた矢先だっただけに、ちとビックリ。いろいろ記事を追っているうちにキーワードとして浮かんできたのは、権力の集中(あるいは腐敗)、株主至上主義、短期成果主義、この三つだった。東芝の不正会計でも浮かんだものだった。

 VWが行った不正を、あえて通俗的な比喩を使って表現するなら、常に親から良い成績を期待される子供が、そのプレッシャーから逃れるためにカンニングに走ったようなものだ。

 では、VWが感じていたプレッシャーとは何だったのか。おそらく冒頭のマクラで振った進化するハイブリッド車の存在だったのではないか。クリーンディーゼルと命名して、実際、排ガス抑制で目を見張る進化を遂げてきたとはいえ、20世紀型カテゴリーに属するディーゼルエンジンでは、馬力性能や耐久性能が重要なジャンルでは優位に立てても、環境性能と燃費性能で雌雄が決するジャンルでは、やや不利な戦いを強いられることは否めない。

 そこに危機感が生まれ、生産部門と販売部門へのドライブが横行し、現場は不正に手を染めざるを得なくなった。。。

 もうひとつ気づいたことがある。ニュースによれば、今回の問題でリコール対象となるのは、2009年以降のディーゼル車だという。時あたかも、リーマンショックの影響で金融と経済が疲弊した時期で、トヨタが北米で大規模なリコールと集団訴訟に晒された時期に重なる。ライバルメーカーが前のめりに突っ走る動機の一つになって不思議ではなかったのかも知れない。

 ことの真相はいつか見えてくるのだろうけれど、以上が、現段階での自由勝手気ままな空想である。

 この問題については、清水和夫というモータージャーナリストが「5分でわかるVWの排ガス規制違反問題~清水和夫が真相に迫る」というタイトルの記事を公開している。不正の背景として、米国における低品質の軽油の存在、功を焦ったVW上層部による社内への圧力の存在を指摘していて、なるほどと納得。興味のある向きは、こちらもどうぞ。

 最後にひとつ。ただ、しかし、そうは云っても、新しい時代のトレンドとマスの需要とは共存するのが常なのだと思う。しばらくは熱にうなされたかのごとく、ディーゼル悪玉論が流布されるかもしれないけれど、これでディーゼルエンジンの存在が急速に減少するとは思わない。世の中の現実は、オセロのように、黒と白が簡単に反転したりはしないのだから。

(追記)
 2009年から始まったとされるVW排ガス不正。不正に動いた背景にはさまざまな要因が透けて見えるけれど、(まだ噂の段階だが)結果としてやったことは、コスト削減のため排ガス浄化触媒のプラチナ使用量を半減し、それを隠蔽するためのソフトウエアを使ったのではないか、という説が飛び出して来た。


画像出典:ロイター


by naomemo | 2015-09-25 10:23 | いまを読むノート


c0112103_1415179.gif


ドイツの移民受入れ推進政策の背景には、第二次大戦の荒廃から一刻も早く立ち直りたいという動機と、ナチス・ドイツ体制下の他民族への苛烈な対応への反省があるのだろうと思う。しかし、このまま従来の移民政策を続けて良いかどうか、きわめて危うい状況になって来た。

先般、英国を目指す地中海難民を英BBCが盛んに報じていると紹介したが、こんどは仏F2、独ZDFが、ドイツを目指す大勢の移民・難民を頻繁に紹介するようになった。彼らが押し寄せる姿は、あたかも民族の大移動でもあるかのように映る。

シリアの内戦から逃れるために、あるいはISの攻撃から逃れるために、ひょっとしたら貧困から逃れるために、バルカン半島を通って欧州へ流入しようとする大勢の移民・難民。彼らは、セルビアからハンガリーを経由してオーストリア、そしてドイツを目指しているという。(ドイツからの要請があるのかないのか分からないが)、移民・難民の流入を食い止めるために、ハンガリーは、セルビアとの国境に有刺鉄線を張り巡らせた。しかし、有刺鉄線などいっときの時間稼ぎにしかならず、難民たちは、いともたやすく乗り越える。

それでもハンガリーは、パスポートを持たない彼らをノーチェックで黙って通過させるわけに行かない。その結果、ブダペスト駅周辺は、膨大な数の移民、難民で溢れ返っている。その映像はNHKでも放映するまでになった。

今年になってドイツに入った移民・難民は、すでに80万人に及ぶと云う。そのうち地中海難民は30万人を占めると云う。

それにしてもなぜ移民・難民がドイツを目指すのか。

それはおそらく欧州でいちばん光り輝いている国だからだろう。第二次大戦後に積極的に移民を受入れ労働力を確保して来た歴史があるからだろうし、(建前では)民族差別が固く禁じられているからだろう。そうしたことが相まって移民・難民を自ら引き寄せてしまっているという側面もありそうだ。

しかし、現在のような数多の新規の移民・難民の流入が続けば、あっという間に許容範囲を越えることだろう。つい先日、メルケル首相も、移民・難民問題に、強い危機感を表明した。この問題は、ギリシャ問題よりも深刻と受け止めているようだ。

以前、欧州に「国境が復活する気配」と書いたけど、だんだんと現実味を帯びつつある。

欧州雑感08:国境が復活する気配
欧州雑感07:弱い国が強い通貨を持つ悲劇
欧州雑感06:スペインが熱い
欧州雑感05:イタドリという外来種
欧州雑感04:二つのグループ
欧州雑感03:内部の宗派対立
欧州雑感02:統合か愛国か
欧州雑感01:地中海国境という言葉


画像出典:googlemaps

by naomemo | 2015-09-02 21:45 | いまを読むノート