c0112103_10203183.jpg


これから時折、金取引について実践編の話も混ぜて行こうか思います。ただ最初にひとことお断りしておきます。この「はじめての金読本」は、金をヘッジ資産(=将来の万一に備える保険的な役割をもつ資産)と考える立場に立っています。ですからここで扱うのは現物取引に限り、先物取引は扱いません。先物取引は一般個人向けではないからです。

先物市場は、将来の価格変動リスクをヘッジする(保険をかける)大切な役割を担っています。とはいえ、先物取引が、決済期限のある期間限定の取引であり、投機的な色彩が強いことも否めず、そして業者の強引ともいえる営業手法に疑問もあります。一般個人向けとしては難があります。

先物の短期売買で利鞘を稼ぐ行為は、それを生業(なりわい)とするプロたちに任せておけばよろしい。不用意に足を踏み入れると大きな損失を被りかねませんから、一般個人は敬して遠ざけておくのが賢明でしょう。

それでも、金価格は上がったり下がったりします。金といえど相場商品ですから、価格が変動するリスクと無縁ではありません。投機マネーの動きによって急騰急落する局面も見られます。そんな時に決済期限のある先物取引だと、価格が予想に反した大きな動きをした場合に、安穏としていられなくなります。そうなると本来味方となるべきはずの時間が敵に回ってしまいます。

それでは安心のための金が、不安の種になってしまいます。

それに対して、いつ買っても、いつ売っても、まったくもって自由なのが金現物です。金現物を保有している人には、「決済期限」なるものがありませんから、価格が急騰急落しても、高みの見物でやり過ごしていれば済みます。金現物は紙くずになることはありませんから、将来必要になる時まで気長に保管しておけば良いだけのことです。しかも、10年、20年保有していても、税金がかかることもありません。

一般個人にとっては、時間を味方につけることが何より大切です。金投資は、だれかと勝ち負けを競うような類いのものではありません。時間と争うものでもありません。このことは、けっして忘れないようにしてください。


イラスト:三井孝弘さん



by naomemo | 2015-06-26 10:28 | →はじめての金読本


c0112103_941291.jpg


今朝NHKBSを観ていたら、フランス国営放送の番組で、ギリシャの債務問題について、思わず耳が立つようなコメントがあった。発言者の名前はチェックし損ねたけれど、おそらくフランスのアナリストか学者だろうと思う。

うろ覚えなので、その発言を思い出しながら解釈するけれど、つまり、こういうことになる。

ユーロが誕生した1999年から現在まで、ユーロ経済は18%拡大している。それに対して債務問題で叩かれているギリシャはどうかと云えば、ユーロ導入当初は成長したが、リーマンショックを経て、結局プラスマイナス0%に戻ってしまった。現在抱えている債務はギリシャにとっては巨大すぎて、すでに返済能力を超えている。

これは、(ギリシャのように)経済の弱い国が、(ユーロという)強い通貨を持ったことで起きた、必然的な帰結である、ということを意味する。

ECB、IMF、ドイツは現在、ギリシャの債務問題のユーロ圏への波及を回避すべく交渉を重ねている訳だけれど、そもそもの問題がユーロの仕組みにあるのだとすれば、ユーロの仕組みに改変が加えられない限り、回避は不可能で、同様の問題が他の国へ波及せざるを得ないのかも知れない。

ギリシャが立ち直るには、債権団が自らの債権を放棄し(あるいは相当部分をカットし)、そのあとでギリシャはユーロを離脱してドラクマに戻る他なさそうだ。しかし、債権団が債権を放棄することはなく、ギリシャから取れるだけ取ることしか考えてはいないだろう。悲劇的としか云いようが無い。

どうやら通貨は、国あるいは地域の実情にあった強さであることが望ましい、ということになりそうだ。個々の国がそれぞれの実情に合わせて為替政策も打ち出せない現在のユーロシステムは、経済の強いドイツにとっては好都合であっても、(ドイツに比較して)経済の弱いギリシャ、そしてスペイン、さらにイタリアなどの国にとって、負荷が大き過ぎるということだろう。

けっきょく南欧の債務問題は、これからも長く続かざるを得ないのだろう。そしてもうひとつ、通貨発行権は経済の弱い国にとってこそ大切なのだということを、今回のギリシャの事例は教えてくれていると思う。たとえ隣の芝生は青く見えたとしても、けっして自ら手放してはならないものなのだ、と。


欧州雑感08:国境が復活する気配
欧州雑感07:弱い国が強い通貨を持つ悲劇
欧州雑感06:スペインが熱い
欧州雑感05:イタドリという外来種
欧州雑感04:二つのグループ
欧州雑感03:内部の宗派対立
欧州雑感02:統合か愛国か
欧州雑感01:地中海国境という言葉

画像出典:CNN.co.jp

by naomemo | 2015-06-24 10:30 | いまを読むノート


c0112103_10565038.jpg


欧州の内なる移民問題、北アフリカから押し寄せる難民問題について、あれこれ読みつつ感じていることは、このまま行くと、とうの昔に消え去った国境がふたたび復活することになるかも知れないな、ということだ。少なくとも、これまでのようなEU域内における無制限の移動の自由は、いづれ制限されることになりそうな気がする。。。

以上は、すこし前にメモ帳に認めた一文である。これをもう少し掘り下げて、まとめてみようと思っていたのだけれど、そのまま放り出すことにした。その替わりに、今日は、スペインの急進左派ポデモスについて書かれた、とてもシャープな記事を紹介しておこうと思う。上の画像は、The Guardianから拝借したポデモスを率いる党首パブロ・イグレシアス。じつにかっこいい。

「彼は共産党のドクトリンに根付いたクラシックなスペインのインテリ左翼ではない。だが、現代の世界を病ませている原因を明確に指摘し、その終焉を目指す。それは緊縮政策であり、市場主義であり、グローバル資本主義だ。」

「ポデモスは政党設立からわずか4カ月後のEU選でスペインの第4勢力となり、昨年秋には支持率が与党を抜いた。今や11月に行われる総選挙でイグレシアスが首相になる可能性すら囁かれている。」

全文はこちら→ブレイディみかこ「『勝てる左派』と『勝てない左派』」

もし、ポデモスが政権を奪取すると、スペインのユーロ放棄あるいはEU脱退が視野に入って来ざるを得ないだろうね。

欧州雑感08:国境が復活する気配
欧州雑感07:弱い国が強い通貨を持つ悲劇
欧州雑感06:スペインが熱い
欧州雑感05:イタドリという外来種
欧州雑感04:二つのグループ
欧州雑感03:内部の宗派対立
欧州雑感02:統合か愛国か
欧州雑感01:地中海国境という言葉

画像出典:The Guardian

by naomemo | 2015-06-04 11:02 | いまを読むノート