c0112103_16554534.jpg


はじめての金読本、移植第13弾です。2010年02月11日に公開した原稿に手を入れたものです。金と付き合うための指針、第五弾です。

このところ金価格についての話が多くなっていますが、これはかならずしも本意ではありません。相場なんてものは上がったり下がったりするものです。その点については肚の中にきっちり納めた上で、ゆったり金と向き合うのが健全というものでしょう。

日々の値動きにとらわれる過ぎると、往々にして大きな流れを見落としがちになるものです。そんなときは初心に立ち返ってみるのも悪くありません。金読本も今回はそのスタイルでまとめてみましょう。

そもそも何のために金を買おうとしているのか。儲けたいからなのか、万一に備えたいからなのか、あるいは将来が不安な年金の足しにしたいからなのか、そのあたりをあらためて再確認して、自分の立ち位置を明確にしておくことは大切だろうと思います。

そして、買う時は、信念を持って買い、買ったら忘れる。金が必要になるまで忘れるくらいが丁度いいでしょう。動機や目的がフラフラするようでは、先が思いやられます。

買うタイミングがよく分からないという向き、買いたいのだけど怖いという向きは、少し手数料はかかりますが、資金を小分けにして、小さな重量サイズの地金、あるいは金貨をコツコツ買えばよろしい。

それでも買い時が分からなくて踏み出せないという向きは、純金積立で長くコツコツ買っていけばよいだけのことです。純金積立は、金価格が上がったら少しだけ買い、下がったら多く買うという仕組み。そして余裕がある時にはスポットでドンと買い足す。長期の視野で見たら、こんな重宝な買い方はありません。売却する時にも必要な分だけ売ることができますしね。

繰り返しますが、買うなら、信念を持って買う。確信が持てない人は買わない方が良い。目先の損得が気になる人も、手を出さない方が良いと思います。


イラスト:三井孝弘さん



by naomemo | 2015-05-21 17:14 | →はじめての金読本


c0112103_13321434.jpg


はじめての金読本、移植第12弾です。2010年04月09日に公開した原稿に手を入れたものです。金と付き合うための指針、第四弾です。

いまさら云うまでもありませんが、金価格は日々変動しています。価格水準が上がると、その振幅は上へ下へと大きくなりがちです。そんな大きな価格変動に遭遇しても、冷静にいられれば良いのですが、なかなか達観できるものではありません。

いま買わなくちゃと、焦って大枚を叩いたりすると、結果的に読みが勝ってOKの場合もあるでしょうが、ときに思わぬ高値をつかむことだってあります。短期の値動きに目を奪われがちな人は、いま買わなくちゃ、いま売らなくちゃ、なんて気持ちになりがちですが、なにも焦ることはありません。

できるだけ大きな流れを見るようにして、時期を細かく分散して買っていけば良いのです。そのうち自分なりのタイミングがつかめるようになります。

保有している金地金や金貨を売却する場合も同様です。金は、困らない限り、バブル化しない限り、保有し続けるのが基本ですが、必要になることもあるでしょうから覚えておいてください。

なお、金価格も、時折、まるでアクロバット飛行中のジェット機のようにグングン上昇していく局面があります。でも、急騰する相場は、早晩、急落するのが常ですから、そういう場面で金を買うことは手控えた方がいいでしょう。

金はあくまでも長期資産と考えて、焦らずゆっくり落ちついて付き合っていきましょう。世の中、焦って良いことなんて、ありませんから。


イラスト:三井孝弘さん



by naomemo | 2015-05-01 13:28 | →はじめての金読本