c0112103_1273928.jpg


米国アカデミー賞に外国語映画賞という賞がある。2008年に「おくりびと」が受賞して日本でも俄然注目されるようになった賞である。その翌年にはアルゼンチンの「瞳の奥の秘密」が受賞。この作品はじつに質の高いエンターテイメントで、ひどく気に入り、もういちど大きなスクリーンで観てみたいなあと思っているほどだ。オープニングの揺らぎがなんとも美しい。

そして昨年2011年に受賞したのがイランの「別離」。アカデミー賞の授賞式ダイジェストをテレビで観ていて、思わず「おっ」と声が出た。なにしろハリウッドといえば、ユダヤ系の領分である。そこでユダヤからすれば天敵のイラン映画が大賞を受賞することになるとは想像もしていなかったからだ。

しばらくして渋谷ルシネマが同監督・脚本ファルファディの前作「浜辺で消えた彼女」を取り上げたので、さっそく観た。感想は以前書いたとおり。

そして今週おなじ渋谷ルシネマで「別離」を観て来た。前作を一回りも二回りも凌ぐ傑作で、緊張の2時間だった。テーマは、ファルファディお得意の「嘘と秘密」。

登場する大人たちが、それぞれ周囲への配慮から善かれと思って隠した秘密、善かれと思ってついた嘘が、やがて事態を悪くしてしまう。そんな人生の皮肉と悲しみの物語が、老人の介護、夫婦の不和、信仰心、裕福と貧困といった、いつかどこかで誰もが向かい合うモチーフを折り込みながら展開していく。

恐るべし、ファルファディ。

ついでに言うと、この「別離」、ベルリン映画祭で金熊賞を受賞しているが、男性キャスト全員が男優賞、女性キャスト全員が女優賞を受賞している。こんなこと、映画史上初めての快挙じゃないかな。しかも、この作品、イランとは天敵の国イスラエルで大ヒットしたんだってさ。国境も、宗教も、民族も超えた作品ってことでもあるね。

良かったです。最後、泣いたなあ。。。




by naomemo | 2012-05-24 16:07 | シネマパラダイス

c0112103_12865.jpg


友人のブクレコにあった「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」を読んだ。著者は内山節(うちやまたかし)。この在野の哲学者のことは知らなかったけれど、タイトルが気になって手に取った。

自然のなかで生きてきた日本人の世界観は、なぜ1960年代に大きく変貌したのか。さまざまな角度から見つめ、考えている書だった。じつに面白かった。そして悲しくもあった。こういうアプローチは好きだな。すっかり内山節のファンになってしまった。

ところで、この本のタイトルを見て最初に浮かんだのは、古今亭志ん朝の言葉だった。生前、落語のどんなところが好きかと聞かれ、こう答えている。「狐や狸が出て来るところ」と。

この志ん朝のエピソードは以前紹介したことがあったけれど、内山節の本を読んだ今になって振り返ってみると、こういう意味だったんだなと思い直した。「狐や狸にだまされる話が出て来るところ」と。

by naomemo | 2012-05-17 11:18

背丈が3cm伸びた

c0112103_12492599.jpg

私の背丈の話じゃないよ。当たり前か。高田虎次郎がやってきたのは昨年の12月5日。その時に記念にと思って測った背丈は21cmだった。あれから5ヶ月ほど経ったので久しぶりに測ってみたら、24cmになっていた。ちょうど3cm伸びたことになる。これから秋にかけて、さらに成長するんだろうな。楽しみ。

by naomemo | 2012-05-16 13:06