ようやく食品や日用品のパニック買い(買い溜めブーム)が収まりかけたと思ったら、昨日、首都圏東部地区の水道水から、乳幼児に許容される基準値を超える放射性物質が検出されたとかで、あれよというまに売り場からミネラルウォーターが消えた。たしかに、乳幼児の子供を持つ親たちにとっては脅威になることだから、買いに走った気持ちは分かる。

ただ、たまたま拾ったツイッター情報を辿って明治乳業のウェブサイトを見ると、乳幼児の身体は未発達ゆえ、ミネラルウォーターでミルクを作って飲ませることは、過剰なミネラル摂取につながるおそれがあるんだとか。世のお父さん、お母さん、お気をつけあれ。
→明治乳業の該当ページはこちら

ところで、マスコミが東北関東の大震災一色になっている機会を狙いすましたかのように、先日、フランス主導の多国籍軍がリビア空爆に踏み切った。盛り返して来た政府軍を叩くためだ。背景には、欧州はリビア産の良質な原油に依存する度合いが高いことがあるようだ。現在はNATOに主導権が移行しつつあるようだけど、どうなるんだろう。

空爆を受けたリビアの街の風景と、津波の被害を受けた東北の街の風景がダブって見えて仕方がないのは、乱視のせいだろうか。中東の専門家である酒井啓子さんのブログによれば、現在のリビアが辿っている道は、かつてイラクが辿った道と似ているという。泥沼化しなければいいのだけど。
→酒井啓子さんのブログ「中東徒然日記」はこちら

by naomemo | 2011-03-24 09:41

1キロ10円の義援金

c0112103_18541816.jpg

1月8日に腰痛が発症して、2ヶ月強ランニングから遠ざかってしまった。その間、予定していたレースを2本回避した。残念だけど仕方なかった。

最初の1ヶ月ほど治療に専念し、痛みが取れてからはリハビリに専念。リハビリといっても、医者に勧められた腹筋の強化と股関節周りの柔軟性アップに努めただけなんだね。でも、これは効いてる。

じつは先々週の末あたりから朝焼けランに復帰しようと思っていたのだけど、震災の影響もあって延び延びになり、ようやく16日から復帰。この連休は3日連続して走ってみた。なぜかスピードが上がっているんだけど、これは腹筋を強化したおかげかな。ただ、さすがに2ヶ月のブランクは大きい。腰は問題ないし、腹筋で鍛えた体幹も大丈夫なんだけど、太ももの衝撃耐久性能と心肺機能はガクンと落ちている。今朝、ようやく10キロ走り切れたところ。

継続はチカラなり。不継続は無力なり。

今朝走っている時にふと思いついた。これから1キロ走るごとに10円ずつ、上の写真のデブネコ貯金箱に入れていこう、と。10キロ走った日は100円、20キロ走った日は200円という塩梅である。そして、ある程度の金額になるたびに、東北地方への復興義援金として寄付しようと決めた。モノを送るのは、簡単そうで、じつはとても難しいことなので、ぼくは義援金で行く。どこに寄付していくかは、これからゆっくり考える。まずはできることを始めようと。

by naomemo | 2011-03-21 17:49


今朝、名古屋の兄貴からお見舞いメールが届きました。
それへの返信の前半部分を掲載しておきます、記録として。


おはようございます。

なかなか緊張感のある毎日を過ごしています。
地震が各地のプレートに連鎖しているようで、
昨晩も大きな揺れに襲われました。
挙げ句に原発の爆発が続いていますね。
世界中が日本の成行きを見守っているみたい。

電車の本数も数十%カットされているので、
朝晩の通勤電車も激コミです。
打合せが延期になったり、夜の会合が中止になったり。

さらに、コンビニから食品が消えています。
スーパーからもお米やパンだけでなく、
ミネラルウォーター、牛乳、納豆などの
日配品までなくなっています。
パニック買い×物流の停滞×計画停電の結果ですね。
お米など日本全体では余っているのに…。

でも、福島の人たちは疎開を始めました。
いうまでもなく、放射能汚染から逃げるためですね。

生まれて初めての経験をしています。
落ち着くには、まだ相当の時間がかかりそうです。

……………………………………………(略)

by naomemo | 2011-03-16 10:07

c0112103_13473676.jpg

東日本大震災後明け、最初の月曜日。東急田園都市線の最寄り駅から電車に乗ろうとしたら、改札の前に大勢の人が群れていた。ある程度の予想はしていたものの、これほどとは。本数を半分程度に抑えているとか、小田急線方面から流れて来ているとかあって、ホームへの入場制限を行なっていたのだ。ホームに入場した後も、来る電車、来る電車、すし詰め状態で、何本もスルーした。その割に、二子玉川ー渋谷間で各駅ともホームに滞留する乗客が少なかったのは、やっぱり相当な入場制限をしてたんだろうな。

上の写真は、オフィスに近いコンビニの店内風景。食料品はほぼカラッポになっていた。みんなが非常用にも買ってるということもあるだろうけど、店員に訊いたところ、いつ商品が入ってくるか分からない状況なんだとか。その昔、石油ショックの頃になぜかトイレットペーパーが売り場から消えた(買い占められた)ことがあったけど、それを思い出したよ。その気持ち、分からないでもないけれど、それにしてもコンビニの食料品がカラッポになるとはねえ。

お昼前にも震度3の余震があったし、福島の原発で水素爆発が起きたし。こうした動きに、関東周辺のプレートが連鎖反応を起こさなければいいんだけど…。しばらく落ち着かないな、やっぱり。

by naomemo | 2011-03-14 14:08

c0112103_18591230.jpg

昨日、午後2時45、6分頃だったか、「お、また地震か」と感じたのが始まりだった。はじめは緩かったのが、だんだん揺れが激しくなり、これはヤバイかも、ビルが崩壊して死ぬのかな、なんて恐怖を感じながら事務所のデスク横の本棚を支えていた。なんとか切り抜けたと思ってホッとしていたら、こんどは縦揺れが襲ってきた。逃げた方がいいのかな、どうしよう、などと話しつつ本棚を支えていた。

夕方になって喉がカラカラに渇いていることに気づき、ミネラル・ウォーターを買おうと表に出てみたら、人が歩道に溢れているではないか。都内全域で、JRと地下鉄の全線が止まっているからだろうと、そのときは思ったが、実際はそうじゃなかった。みんな、もくもくと、都心部から郊外へ歩いていたわけだ。

夜、四ッ谷荒木町でOB会を予定していたので、中止にすべくお店になんども電話を入れてみるも通じない。それで、夜になって帰り支度をして、お店に出かけてみたら、なんと明かりがついているではないか。中止のご挨拶だけして帰路についた。とはいっても、電車は止まっているのでバスを使うか歩くかしかない。

歩いたら軽く4時間くらいはかかるだろうな。でも仕方ない。とにかく渋谷まで歩いて、そこから先はバスに乗って帰ろう。そう思って渋谷まで来てみたが、とんでもない。渋谷のバスターミナルは上の写真のとおり大勢の人で溢れ、いつバスに乗れるか分からない。しかも、帰路に使う道路(246号線)も車で溢れてまったく進まない状況。しかたない、歩こう。246号線沿いを神奈川方面に向かって歩きつづける。といっても、通りはまるでお正月の初詣状態。歩道は人で溢れ、のろのろとしか歩けない。もどかしい。

どれくら歩いたろうか、通り沿いの店舗の人が、「東急線が開通したようですよ」と知らせてくれた。おかげで、真夜中にはなったけれど、なんとか無事に帰宅することができた。

この間、携帯電話も携帯メールもまったく役に立たなかったけれど、twitterは大丈夫だったね。ときどき情報をチェックしたり、tweetし合ったりしながら移動していた。

帰宅するまで映像を見ることはなかったけれど、TVで流れている映像を見て衝撃を受けた。津波の威力には慄然。家々がどんどん流されている。映像に釘付けになって、しばらく眠れなかった。今朝になって見た映像では、流されてきた大きな船が街の中に取り残されていた。転がっている車がまるでチョロQに見え、電車がまるでプラレールに見えた。あらためて、釜石、陸前高田、気仙沼の被害の大きさにも心が痛む。復旧にどれくらいの年月がかかるんだろう。

福島の原発では、メルトダウンも起きているという報道もある。余震も続いている。気が抜けない。

by naomemo | 2011-03-12 20:49

花粉が…

c0112103_12365087.jpg


水温む候というのか、三寒四温というのか、温かくなったり寒さが戻ったりしているうちに、花粉が飛び始めました。昨日から頭がギューッと締められているような感じ。春はうれしい、だけど花粉はこわい。

先日の日曜日、久しぶりにマイカル・シネマへ出かけて「毎日かあさん」を観てきた。作品そのものは、あまり期待していなかったけど、チケットを貰っていたので、いや、ウソです、あ、いや、それは事実なんだけど、正直に告白するとキョンキョンの隠れファンなので、観に行ったのでした。

なかなか面白かったよ。キョンキョン、やっぱりチャーミングでした。まったく文句なし。堪能しました、作品も。そうそう、親子連れがいっぱいで、ちょっとビックリでした。かなり夫婦の厳しい場面もあるんだけど、でも、みんな集中して観ていたみたい。物語にチカラがあるってことだね。




by naomemo | 2011-03-03 09:49 | シネマパラダイス