c0112103_14435897.jpg


以前取り上げたアルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」は、現代のブエノスアイレスと四半世紀前のブエノスアイレスが舞台になっていた。四半世紀前のブエノスアイレスは、軍の圧政と汚職にまみれた暗黒の時代だったらしいことが端々から感じられ、それがまた映画にある種の深みを与えていた。ぜひもう一度、観たい。

そして今回取り上げる映画「シングルマン」は、キューバ危機が米国を襲っていた1962年、東海岸の街が舞台となっている。その前年、当時の大統領ケネディは、政権誕生1年目にしてベトナムに首を突っ込んでいる。米国がその後10年以上にわたって泥沼の戦争に足を取られることになろうとは、その時、誰も思っていなかっただろう。つまり、この映画の舞台は、黄金の50年代を経てまだ光り輝いていた米国ということになる。

どうして映画の話をするのに、こんな時代考証めいたことに触れたのかといえば、この映画に登場する男たちも女たちも、じつにスタイリッシュで光り輝いているからだ。当時、TVのブラウン管に映し出されていた華やかな米国的生活スタイルが、そこここに映し出されているからだ。ハリウッドが生み出した「理想のアメリカ」がここには輝いている。そして、あらためて、そこには生活の匂いが全くないことに、愕然とする。その意味で、この映画は見応えがあった。

そのシングルマンは、ゲイ作家の作品を、おそらくゲイの監督が撮った映画である。主人公もゲイである。ゲイだからこその、じつにシャープでスタイリッシュなカメラワークが印象的な作品である。

主人公の男は大学で文学を教えている。知性ゆたかな男である。だが、長年連れ添った愛人を交通事故で失ったことで、色あせた現在と、色あざやかな過去の狭間で生きている。鏡の向こうに、窓の外に、人の視線のなかに、喧噪になかに、つねに立ち現れる思い出に囚われている。つまり、知性的だが脆弱であり受動的でもある。その脆弱性はこの作品で重要なキーファクターになっていて、そのイメージを強化するために、彼をわざわざ硝子で出来た家に住まわせてもいる。

やがて新しい愛=現実の可能性が訪れる。それによって、男は一歩前へ踏み出すことができるのか。あるいは思い出の力によって過去へ引き戻されるのか。それにしても、この作品を観て、米国の人々は、どんなことを感じるのだろうか。日本でもけっこう好評のようで、ひきつづき単館を回っているのだが、観客は、この作品に何を感じているのだろうか。

監督はファッション・カメラマンのトム・フォード。主人公を演じているのはコリン・ファース。この人、古き良きアメリカの男というイメージ。そして女友達をジュリアン・ムーアが演じている。



by naomemo | 2010-11-26 09:20 | シネマパラダイス


c0112103_16361992.jpg


11月23日の休日。府中多摩川マラソンに参加した。もともとの計画では、10月17日の荒川タートル・マラソンをデビュー戦に位置づけていたのだけれど、9月末から喘息が発症し参加を見合わせることになった。そのため結果的に今回のレースが生まれて初めてのマラソンということになったわけだ。マラソンといっても、フルじゃなくハーフの21キロだけどね。

でも、周囲からは、デビュー戦がハーフですか!?と呆れられていた。通常は5キロ、10キロと、段階的にトライして行くものらしい。いきなり21キロのハーフなんて無理じゃないの、というニュアンスが含まれていることは感じていた。でも、いいじゃないの。喘息症状が出た10月こそ走れなかったけれど、現在は週に40キロ程度は走っている。これまで何度か15、6キロくらい走ったこともある。行けるんじゃないか。いや、正直にいうと、走り切れるかどうか自信はなかった。でも、エントリーしてるんだから、走り切らないとね。

前夜たっぷりと睡眠を摂り、さて、当日。スタートは12時53分。余裕を持って早めに自宅を出て、会場のある府中本町へ電車で向かう。その途上、本を開いても文字がうまく入って来ないので、ひたすらバッハのゴルトベルク変奏曲を聴く(ちなみに演奏はマレイ・ペライア)。最寄り駅が近づくに連れて、参加ランナーらしき出で立ちが一人二人と増えて来る。

ドキドキ、わくわく。やがて、会場の郷土の森・総合体育館に到着。受付でハガキを渡し、ゼッケン、記録用チップ(胸側のゼッケンに付いていたが)、記念のタオルなどを受け取る。

体育館の2階席シートはすでに埋まっている。荷物を保管する特定の場所があるわけじゃない。柱近くの場所をとりあえず確保。おにぎりとお茶でサッサと腹ごしらえを済ませ、いったん外に出る。半袖にしようか、長袖にしようか。ウィンドブレーカーは、手袋は、必要だろうか。雨は完全に上がっている。風は強い。でも、空気は温かい。半袖でいいな。ふたたび体育館に戻る。見よう見まねで、Tシャツの胸と背中にゼッケンを安全ピンで取り付ける。シューズを履き替えて、入念に紐を締め直す。

さあ、あとはスタート時間を待つのみ。周囲もみんな緊張してるのが伝わって来る。そう、緊張してるのは、僕だけじゃないんだよな。そうこうするうちに応援がやって来る。といっても、妻ひとりだけどさ。

僕の年代のスタート時刻は、12時53分。ただいま25分。そろそろスタートの場所へ。すでに学生や駅伝選手たち、年代の若い集団はスタートしている。あとは、僕たちシニア(?)と女性たちのスタートを残すのみ。ドク、ドク、ドク。心臓の鼓動が聞こえる。先頭集団に引っぱられて最初に飛ばすと、完走できなくなると思い、最後列からのスタート。ゆっくり抜いて行けば良いや、なんてことを考えている。

最初の3キロまでは予定通り、抑えて抑えて走っていた。ちょうどいい感じのペースの人がいたので、風よけにピッタリ後ろについて走った。ここまでは我ながら冷静に対処していたものだと思う。

ところが、しばらくすると、3分後にスタートした走り慣れている女子ランナーたちに次々と抜かれて行く。あまり気分のいいものではないけれど、それは仕方ない。なにしろ、こちらはデビューしたてである。抜かれて当然。気持ちが高ぶらないように、抑えて、抑えて、ゆっくり走った。でも、5キロ手前で、予定より早く巡航ペースに乗っていたように思う。ペースを上げるのが、少し早かったなと、いまでは思う。

10キロ通過地点で妻が応援しているのが見えたので、人差し指と中指を立ててVサイン。その辺りまでは、新しいペースメーカーも見つけて、じつに調子良く走っていたのだ。遥か彼方、多摩川の上流に見える奥多摩の山々の稜線を眺めたり、川沿いの紅葉を眺めたり、けっこう余裕があったように思う。ところが12、3キロあたりの地点だろうか、急に右脇腹が苦しくなってきた。ヤバイ。弱った。こんなとこでリタイアするのはヤだな。どうしよう。これまで走っていて脇腹が痛くなったことはなかったので、どう対処したら良いか分からなかったけれど、とりあえず少しペースを落としてみた。そしてできるだけ深い呼吸を試みながら走った。しばらくするうちに痛みは消えた。

ここから徐々にペースを戻す。でも、15キロを過ぎてからの旅程の、なんと長いことか。脚はどんどん重たくなるし。「お前、よく頑張ったよ。」「ここまでもう十分走ってきたじゃないか。」「デビュー戦だし、歩いたっていいんだぜ。」「誰もなじったりしないさ。」などと悪魔は囁くし。何度、歩こうと思ったことか。だけど、TBRC(Tokyo Bullion Runners Club)のTシャツ着て走っているし、歩いたら格好わるいじゃん。それになにより歩きに来た訳じゃないからね。頭のなかを空っぽにして走り続けた。

残り2キロの表示を見て、もうすぐだと思ったけど、そこからのまた長いこと、長いこと。時間が止まってるんじゃないかと思いながら走った。大げさに言うと、スローモーションのように緩慢にしか走れてないような感じ。実際にはそれほどスピードは落ちてなかったのかも知れないけど、そんな気分だった。きっと、早く結果を求めると楽しめなくなって、辛くなるんだろうな。

最後は思い切り走ってフィニッシュ。やったぜ。走り切ったぜ。そのあと飲み物と記録証を貰って、ゆっくり体育館へ。ところがその途中でハプニング。階段を上っている時に、両足がガチガチにつった。その時にまず思ったのは、フィニッシュしてからで良かった〜、だった。そのうちに動けなくなった。しかし、捨てる神あれば、拾う神あり。女神が通りかかり、声をかけてくれて、適切な処置をしてくれたのだった。聞けば、ドゥー・スポーツ豊洲でインストラクターをしているんだと。知人と一緒にレースに参加していたのだった。助かりました。あちこちのレースに出てるみたいだから、いつかお礼しなくちゃ。

ちなみに、マラソン・デビューの結果は、2時間5分57秒。平均して1キロ6分のペースでした。スタートする前は、2時間15分から20分くらいだろうと思っていたので上出来。でも、これで目標が出来た。来春またハーフマラソンを走る時には、2時間を切りたいな。でも、いまは、しばらくハーフは走りたくない。なにせ、21キロは長過ぎるぜ、っていう印象だったから。次回は10キロを走ってみたいな。ま、そのうちに、またハーフを走りたくなるだろうけど、フルは、来シーズンまで取っておこうと思う。もっと脚が育ってからだね。

それにしても記録証の写真をここに載せるなんて、やっぱしうれしいんだね。単純なやつだ。

by naomemo | 2010-11-24 09:15

交差点の老夫婦


c0112103_7541750.jpg


昨日の朝、信号待ちで見かけた老夫婦。左のおばあちゃんが、おじいちゃんの手をしっかりと握りしめていた。足元があやういからなんだけど、言葉はいらないね。

さて、今日は、ちょっとした家族のお祝いで、これから奥湯河原へ。もちろん、その前に1時間ばかりゆっくり走りました。これで週間フル達成。今週はトータル46キロでした。気持ち良かった。

by naomemo | 2010-11-13 08:00

満2才の誕生日


ちょうど2年前の11月11日に、このブログを始めた。アーカイブを見たら、最初のタイトルは「禁煙を始めるのだ」だった。すっかり忘れていたが、この「見知らぬ土地へ」は、ダイエット日誌ならぬ禁煙ブログとしてスタートしたのだった。そのおかげかどうか分からないけれど、じつに簡単にタバコ生活と縁が切れた。止める気になれば止められるものなんだと知った。あとは、吸わない、という選択を続けることだ、と。

そして今日は、映画の先生である淀川長治さんの13回目の命日でもある。たまたま偶然、11回目の命日に、このブログを始めたことを後で知った。不思議な縁を感じる。

そうそう、そしてほぼ1年前からスロージョグを始めた。走ることが大嫌いだった僕が、よくも1年も続いているものだ。止める気になれば何でも止められるのと同様に、続ける気になれば何でも続けられるものなんだね。ま、気持ちいいから続いてるんだろうけどね。今朝も、満天の星空の下で1kmウォーク&8kmスロージョグ。気持ちよかった。

と、まあ、今日は満2才の誕生日のご挨拶でした。これからもよろしくお願いします。

by naomemo | 2010-11-11 06:23


昨日、テニス仲間と一緒に、前から行ってみようと思っていた丹沢の大山に出かけてきた。行きは追分から下社までケーブルカーを使い、下社からは、西側のかごや道をてくてく登って、表参道分岐を経て大山山頂へ。そこでゆっくり弁当を食べて、お詣り。下山は山頂から東側の不動尻分岐を経て雷ノ峰尾根を通って見晴台へ、そして二重滝を経て下社まで戻るというルート。下社からはふたたびケーブルカーを使って追分へ、というパターンである。

男女混成10名で休み休み歩いているから、じつにのんびりとしたペース。それでも、翌朝、つまり今朝はふくらはぎが張って筋肉痛に。筋肉をほぐすべく、お昼にゆっくり1時間ほど走ったみたけれど、まだ痛みは抜けてない。ま、心地いい痛みなんだけどね。それに山の空気をしっかり呼吸してリフレッシュしたしね。

山中で撮った写真をいくつかメモ代わりに残しておこう。こちらは登りのケーブルカーの車中からの一枚。不動前の駅で下りのケーブルカーを撮ったもの。
c0112103_2117310.jpg


下社の横にあった小さな鳥居。天満宮と書かれてるのが見えるね。
c0112103_1975329.jpg


丹沢山系。遠くの方に雲間から富士山が見えたり隠れたり。山歩きにはもってこいの上天気だった。
c0112103_1945519.jpg


山頂奥の院の、これは右側の狛犬かな?大天狗、小天狗って彫ってあるね。
c0112103_1992264.jpg


下山途中の見晴台に案内標識。こちらのルートは、山頂から下社まで3.65kmなんだ。途中休憩を入れているとはいえ、この倍くらい歩いたような気分だったんだけどね。
c0112103_1910346.jpg


見晴台近くにクマ出没注意の看板があった。雷ノ峰尾根には、数カ所に渡って路の両サイドに長く網のフェンスが張ってあったけど、そういうことなのか?
c0112103_19104159.jpg


こちらは、二重滝近くにあった、クマ看板。大山にはクマが出るんだな、と。そういえば、クマよけの鈴を付けて歩いてた人がいたっけ。
c0112103_19111323.jpg


そしてこちらは、二重滝のところにあった社前に鎮座する龍。大きな口を開けて、何が言いたい?
c0112103_19113978.jpg


二重滝の名前の由来は、上の方で二本に分かれてるから、そう名付けられたってことみたいだね。
c0112103_19121141.jpg


ところで、こうして写真を一枚一枚確認していて、あっ!と気づいたことがある。落語の演目に、「大山詣り」というのがある。僕は志ん朝で何度も聞いているんだけど、この噺、毎年、宿の宴会で酔っ払って喧嘩を売っては、同行の長屋の連中に迷惑をかける男が主人公。そして、その男の名前は「熊」と言うんですよ。噺のなかでは、熊公とか熊さんとか呼ばれているけれどね。

落語に熊さんはよく出て来るけど、「大山詣り」に登場する熊さんは、ちょっと違うかもって思い始めている。何が言いたいかというと、江戸時代の大山では熊がよく出没して、参詣客に被害に与えていたのかも知れないねえということなんだよね。熊被害の話は江戸市中でよく知られていて、大山詣りでは熊に気をつけなくちゃならんぞ、などと言われていたのかも知れない。そんな風に想像してみると、こちらの熊さんは山の神の化身かも知れないと思えてくるから不思議だ。ただ、神といっても荒ぶる神に違いないんだけどさ、もちろん。

最後は最寄り駅に戻って、みんなで中華料理を食べて、気持ちよく酔っぱらって解散したのでした。荒ぶる熊になったものはいなかった。めでたし、めでたし。大勢で山を歩くのも、楽しいね。これから時々やろうかな。

by naomemo | 2010-11-07 19:15 | 音楽から落語まで

やっぱ粋な監督だな

c0112103_8202547.jpg


一昨日、渋谷のルシネマで、スティーブン・フリアーズ監督の「わたしの可愛い人」を観てきた。じつにビターなエンディング。高級娼婦の豪奢と恋愛と失意を通して、20世紀初頭のベルエポックとその終焉をみごとに描いた作品。でも、それだけじゃない。ぼんやりと「いま」が透けて見えて来るから不思議なんだよね。同時代に生きているって、そういうことなんだろうね。こんな粋な時代の語り方もあるんだなあと感心しちゃいました。

さて、今朝、その映画の舞台でもあるフランスについてのニュースが耳に留まった。いまフランスでは歴史ブームが起きてるんだって。そこにコスプレ・ブームも合体して、ずいぶん盛り上がってる模様。特派員の説明ではブームの背景がいまいち伝わってこなかったけど、不況を背景にロマの排斥運動が起きていることなどを考え合わせると、つまりは内向きになってるということなんだろうね。これは世界的な現象だからね。どこの国も、「開く時期」と「閉じる時期」が交互にやって来るものなのかも知れないね。



by naomemo | 2010-11-05 09:05 | シネマパラダイス