c0112103_16281921.jpg


先週、水曜日の夜、シネセゾン渋谷で、アルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」を観た。じつにセンスのいい大人の映画で、エンターテイメントとしても見応えがあった。深々とした物語の最終ページともいうべきエンドロールが流れ始めたとき、思わず係の人を呼んで、「すみませ~ん、もう一度フィルムを回して貰えませんか~」と大きな声で頼んでしまった。もちろん口には出さなかったが、心のなかで、そう叫んでいた。そんな気分になることは、そうそう滅多にあることじゃない。

まず冒頭の、はかなく美しい吐息のようなカメラワークに酔った。やがてペンの音が聞こえる。初老の男がノートになにやら書き付けては破いている。同じことを、何度も、何度も、繰り返している。そのうちにこの男は、長年勤めた刑事裁判所を定年退職し、家族のいない孤独と、退屈な庭いじりに倦怠し、25年前に封印された、いったんは解決をみたはずの事件を素材に、小説を書こうとしていることが分かってくる。

いつしか映画で進行する物語と、彼が書いている小説の物語が溶け合い、映画という魔法のタイムマシンに乗って、現在と25年前を行ったり来たりする。そして観客も少しずつ真相に迫っていく。このあたり、じつによく出来たエンターテイメントである。あー、でも、これ以上は、書けません。ミステリー仕立てというか、刑事モノというか検事モノ的なストーリーでもあるので、お楽しみを奪ってはいけないからね。

でも、これだけでは何がどう面白いのか分からないよね。「瞳の奥の秘密」がどんな映画かと言えば…、そうだなあ…、もしも、レイモンド・チャンドラーがアルゼンチンのブエノスアイレスで生まれ育って「長いお別れ」みたいな物語を書いたとしたら、こんな大人の純愛物語になったかも知れないなあ、と。脚本家も監督も、おそらくチャンドラーのファンに違いなし。ヒッチコックのファンでもあるだろう。ただし、これはアルゼンチンの映画なので、英国的なシニカルさは有りません。じつに曖昧模糊とした言い方で申し訳ないけれど、これでビビッと来た人は、ぜひご覧くださいな。

ちなみに、この「瞳の奥の秘密」は、「人がそれぞれ内に秘めた変わらない情熱」というくらいの意味かな。人間の情熱は、美しくもあり、悲しくもあり、怖くもあるんだけどね。

登場人物は以下の通り。この映画の主人公であり小説の書き手である、元裁判所勤務のペンハミン・エスポシスト(リカルド・ダリン)、主人公の元上司(元判事補・現検事)のイレーネイレーネ・ネネンデス・ヘイスティングス(ソレダ・ビジャミル)、主人公の同僚でアル中のパブロ・サンドバル(ギレルモ・フランチェラ)、真面目な銀行員リカルド・モラレス(パブロ・ラゴ)、殺害されたモラレスの新妻リリアナ・コロト、リリアナと同郷のイシドロ・ゴメス(ハビエル・ゴディーノ)。まったく初見の俳優ばかりだけれど、いずれ劣らぬ名優ぞろい。脚本・監督ファン・ホセ・カンパネラにも注目ですね。



by naomemo | 2010-10-28 20:45 | シネマパラダイス


一昨年の秋、突然、ひどい咳に悩まされた。医者から咳喘息じゃないかなと言われた。治るまでに2ヶ月近くかかった。昨年の秋はまったく症状が出なかったので、用心を怠った。先月末からまた咳がひどくなってきた。医者からいろいろ薬を貰って、一時改善してジョグにも復帰したのだけど、ふたたび悪化して一進一退。それで思い切って別の内科、呼吸器とアレルギー専門の内科の扉をたたいた。セカンド・オピニオンを求めてね。

いろいろなことが分かった。喘息ってのは、アレルギー疾患なんだと。なにかのキッカケで好酸球という白血球が増加して、気管支の炎症が慢性化して発症するものらしい。なんと、花粉症を持ってる人は、なんらかのキッカケで喘息を発症する可能性を秘めているそうだ。そして厄介なのは、花粉症にかかると治らないのと同じで、大人の喘息は一度発症すると完治しにくいそうだ。

でも、喘息治療は長足の進歩を遂げていて、最新の喘息治療では、喘息は退治するものではなく、飼いならすもの=薬でコントロールするもの、という考え方になっているんだとか。そういえば、癌治療の最前線にも、癌とは戦わず共生を目指すという考え方があると聞いた記憶がある。それと同じことなのかもね。この、戦わずに共生するっていう考え方、なんだかいいかも。

先週末にその先生から処方された薬にしたところ、みるみる症状が軽くなった。パルミコートという吸入ステロイドと気管支拡張剤が入ったシムビコートという薬だ。ステロイドと聞いて気持ちがひるんだけど、どうやら最新の吸入タイプのものは、ごくごく微量で直接肺に届かせるものなので、ほとんど副作用はないらしい。あまり先入観に囚われてもいけないんだね。

ということで、昨日からふたたびジョグにも復帰。咳き込むこともなくなり、よく眠れるようになり、ようやく人の集まる場所にも出かけようという気分になった。塞ぎ込んでしまった気持ちが晴れやかになってきた。先生によると、薬でコントロールしていけば、以前よりももっと楽に走れるようになるよ、だってさ。それがホントなら、それはうれしい。

さて、今晩も映画館に足を運ぶかな。

by naomemo | 2010-10-27 08:56

c0112103_11264482.jpg


昨晩、シネセゾン渋谷でアルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」を観て来た。センスのいい大人の映画だった。たっぷりと堪能しました。感想はまた別の機会に。今日は読書メモです。

網野善彦「日本の歴史をよみなおす」、読了(どんだけ時間かかってるんだろ)。これ、日本の中世社会史ともいうべき本なんだけど、貨幣発生史としても読むことができる優れものですね。類いまれなる名著と言っていいんじゃないだろうか。

日本の中世では、どうやら、絹、布、塩、米など、複数のものが物品であると同時に貨幣でもあったようだ。金がジュエリーであると同時にマネーだっとのと同じ。希少なもので、誰もが必要とするもので、長持ちするもの、これが貨幣の始まりだったんだね。

当時の荘園公領制度では、天皇家、摂関家、寺社が荘園を各地に分散所有し、国主の傘下に公領があったらしい。そして年貢=税金を取っていた、と。天皇家、摂関家、寺社の傘下には、神人とか供御人とか芸能の民とか遊女とか職人とかが全国にネットワークを形成。そして、その神人とか供御人とか呼ばれる人たちが、寺社の権威を背景にして、流通を支配し、金融業も営んでいたようだ。しかし、日本の権力構造が大きく変わると、天皇家、摂関家、寺社の傘下でいた人たちが弾かれ、賤視されるようになった、と。その展開はじつにダイナミック。

流通と金融を支配していたものたちが、権力構造の変化で賤視されるようになった現象。これって、欧州大陸においてユダヤが置かれた状況とウリ二つ。内田樹「私家版ユダヤ文化論」ではよく分からなかったけど、網野善彦「日本の歴史をよみなおす」と司馬遼太郎「オランダ紀行」を合わせ読みして、はじめてユダヤ問題の本質が見えたような気がしたよ。

この本は、市場が持つ意味だとか、百姓とは農民のことじゃないとか、さまざなま職能民のこととか、東と西はかなり違いのある社会だとか、内容はほんと盛りだくさん。まさに価値ある一冊です。

ついでだけど、「オランダ紀行」によれば、ほとんどのオランダ人には大なり小なりユダヤ人の血が入っているらしい。ベルギーは、三顧の礼を持ってユダヤ人をアントワープに招き、ユダヤ人街を作って守っているんだとか。これまでどうしても理解し難かったユダヤ人差別問題の根っこに触れた感じがする。ようやく解放された気分。

c0112103_11302486.jpg


by naomemo | 2010-10-21 09:15

ジョグ復活への第一歩


9月末から喘息症状が出て、3週間近くジョグから遠ざかった。一昨年秋に酷い症状が出たのだけれど、去年はなんともなかったので用心を怠った。なかなか良くならなかった。でも、先週末に薬が替わって、ようやく快方に向けて動き出した。夜中に咳き込むこともなくなった。長いあいだ、どんよりと重苦しく垂れ込めていた雲が少し晴れて、ようやく青空らしきものが見えてきた感じ。ちょっと晴れやかな気分です。だからといって、いきなりジョグに復帰してぶり返してもいけないので、今朝はゆっくり散歩。早朝ジョグ復活にむけて動き出しました。

今日はここまで。と言いたいところだけど、やっぱり気になる中国の反日デモ。どうやら、尖閣諸島問題も、反日デモも、大きな権力闘争が底流にあるようだね。内陸部では大卒の就職率が4割まで落ち込んでいるというし、世界金融バブル崩壊の影響で失業率も上がっていることだろうし。そこに次期政権を担うであろう勢力がつけ込んでも、なんら不思議じゃない。それにしても、周近平って、反日強硬派の江沢民が押している人だったんだねえ。穏やかじゃない。ここは、しなやかな外交力が試されるところなのだね、たぶん。あれ?ん?ひょっとして小沢一郎に再登板の目が出て来たってことになるわけかな?

by naomemo | 2010-10-19 08:47

c0112103_15472688.gif

落盤事故にあったチリ鉱山の地下700メートルから、33名全員が無事に救出された。じつに喜ばしい。でも、この救出劇には、地下に閉じ込められた労働者のリーダーの措置が素晴らしかったとか、ピニェラ大統領が到着するまで救出作業が始められなかったとか、いろいろな話題に事欠かないようだから、まだまだ余波は続くのだろうね。

なぜか耳が立ったのが、33名全員の虫歯が酷く悪化していたという話。思いもよらないニュースだったせいか、遠いチリの話が「虫歯」という言葉で身近になったのか、不思議なリアリティが生まれたような感じ。

さて、本日は金曜日。さきほど金読本を更新しました。タイトルは「GFMSポール・ウォーカー氏の警鐘」です。上のイラストから、またはお知らせ欄のリンクから金読本にワープしてください。

by naomemo | 2010-10-15 12:59

見えない戦争


近頃 ふたたび「戦争」という言葉をよく見かけるようになった。ただ、それは、血が流れる物騒な戦争じゃない。物理的な戦争は、いまでも世界中で起きているんだけど、「テロ」または「テロとの戦い」という言葉に置き換わってしまっている。では、その戦争とは何かと言えば、通貨戦争、サイバー戦争といった、目に見えない戦争である。

目に見えないから、つまり、その戦争では血が流れるシーンが浮かびにくいから、一体どこで、どれくらいの規模で行われているのか分からないし、どうしても鈍感になりがちだけれど、どうやら通貨をめぐる戦争もサイバー攻撃による戦争も、熾烈に行われているらしい。

通貨をめぐる戦争は、その反作用として金価格が激しく上昇していることが、その証と言えば言えるだろうか。通貨高で喘いでいるのは先進国は日本だけなんだけどね。

サイバー戦争の方は、たとえば米国では、空軍、海軍、陸軍などに並んで、サイバー軍なるものが創設され、今月から本格稼働とか。こちらは、さしずめ「ハッカーとの戦い」ということになるだろうか。ハッカーとは言っても、背後にテロ集団がいるとか、国家がいるとか、なんだか物騒な話ではあるんだけれど。

でも、それが、国防総省のコンピューター・システムだけじゃなく、ダムの放流システムとか電車の運行システムなどが対象になると、これは即、市民生活に大きな脅威となる。もちろん万一を考えておく必要はあるけれど、最近はその万一が増えすぎてしまって、すべてに対応することなんてできないし。もし本当にそんなことが起こったら困るね。

まるでSF小説みたいな話なんだけど、荒唐無稽とばかり言ってられないのかも知れないなあ。などと、深刻なのか暢気なのかよく分からないことを呟きたくなった今日であります。

ところで、9月末から出て来た喘息がまだ完全には治まっていない。こんどの日曜日のハーフマラソンは、不参加になりそうだなあ。僕には、通貨戦争よりサイバー戦争より、大事な問題です。幸せなやっちゃ。

by naomemo | 2010-10-14 12:40


先週末から風邪気味だなあと思っていたら、どうやら季節の変わり目で喘息の発作が出て来たようです。体力が落ちているのかも知れないなあ。そんな状況だから、早朝のジョギングからも遠ざかっています。初レースが迫っているのに走れないのは穏やかではないけれど、仕方ないね。無理すると長引くので、もうしばらく我慢するほかない。医師から処方された薬も服用しているけれど、まずは滋養と睡眠を取って体力を恢復させるのが肝心でしょうね。それにしても喘息って、口うるさくて扱いの難しいオバさんみたいなところがあるなあ。

さて、このところふたたび金価格が上昇しています。その意味をひとことで言えば、世界中がインフレを求める時代に突入したということなんじゃないかな。欧州しかり、米国しかり、日本しかり。今朝の日経朝刊一面に出ている「量的緩和競争」とは、つまりそういうことでしょう。お金をどんどん印刷してバラまきますよ、だからインフレさんいらっしゃい、ということでしょう。でも、きっと、インフレにはならず、資産バブルだけが起きるんでしょうけど。

いまのお金は、信用を元に人為的に発行されているものだから、その価値を維持することは重要で、さればこそインフレとの戦いが中央銀行の仕事の中心だったと言って良い。少なくとも、これまではそうでした。けれど、いまや、役割は反転して、デフレとの戦いが中央銀行にとって大きなテーマになって来ました。そのために敢えて、お金をいっぱい印刷して、お金の価値を下げることでデフレを退治しよう、と。

でも、そうとう痛んでいるように見える信用通貨の価値を、うまくコントロールすることなどできるのだろうか?そうした根本的な不安が渦巻いています。よって、短期的な調整はたびたびあるでしょうが、金価格の上昇はまだまだ当分のあいだ続くことになるでしょうね。少なくとも、先進諸国が量的緩和の蛇口を閉め始めるまでは。それが5年なのか、10年なのか、という話ですね。

さて、また話は変わるけれど、縁あって、網野善彦著「日本の歴史をよみなおす(全)」(ちくま学芸文庫)を読み始めることになった。文字、貨幣、商業、金融、宗教、差別、天皇など、さまざまな視点から日本の中世に光を当ててます。目から鱗ぼろぼろ。この本、めちゃんこ面白いです。どこが面白いって、日本の中世を語っているのに、ヨーロッパのユダヤ問題の本質が透けて見えてることなんですよ。ユダヤのユの字も出て来ないのに。これは凄いことですよ。

by naomemo | 2010-10-06 09:01

c0112103_95238.jpg


今朝は、先日NHKニュース番組で知ったこと。メモです。

米国では、南部と中西部の経済不況が深刻なんだとか。失業率が高く、つまり仕事にありつけない白人たちが増加し、フラストレーションが溜まりに溜まり、そのエネルギーが捌け口を求めてヒスパニック移民たちに向かい、ついに排斥運動に発展しつつあるんだとか。

実際には、ゴミ収集、農業、酪農などの過酷な労働は白人たちは嫌がって就かず、つまりヒスパニックで保たれているらしい。それなのに、ヒスパニック移民たちが自分たちの仕事を奪っているという思い込みがムクムク育ちつつあるということだね。

現在の不況がイラク・アフガニスタン問題の後遺症、金融・不動産バブル崩壊の後遺症だということくらい分かりそうなものだが、冷静に判断できる段階はとうに過ぎ去っているということなのだろう。昨年観た映画「扉をたたく人」にも、この米国の移民問題が扱われていたっけ。

それにしても、よく考えてみると、もともと米国は移民社会そのものなのに、移民を排斥しようという動きが高まっているのは、自分たちの否定につながることじゃないのかな。アイデンティティの危機。米国社会は想像以上に大きな岐路に立っているのかも知れない。

経済指標からは見えてこない現実がここにあるね。

by naomemo | 2010-10-04 09:15