カテゴリ:ノン・カテゴリー( 34 )

311から丸4年


c0112103_73176.jpg


2011年3月11日14時46分。突如、激しく長い揺れに襲われた。収まったかと思うと揺れ、収まったかと思うと揺れた。建物が崩壊する悪夢のようなイメージに捕われながら、オフィスの書棚を支えていたことを思い出す。どれくらいの時間が経過しただろうか、やや落ち着きを取り戻した途端、とても激しい渇きを覚えた。

コンビニに向かった。食品が消えていた。かろうじて残されていたミネラルウォーターを二本買ってオフィスに戻った。インターネットは生きていたが、電話は繋がらなかった。公共交通機関は機能不全となっていた。皇居を中心に放射線状に広がる東京の道路は、職場を離れ自宅へ徒歩で移動する人々で埋め尽くされていた。まるで蟻の大群がゆっくり移動しているかのようだった。

自宅にたどり着いたのは真夜中だった。テレビ画面に映し出された津波の映像を見て愕然した。翌朝、福島原発がメルトダウンしたという報道が流れた。

内部被曝や除染に関わる専門家、東京大学先端技術研究センターシステム生物医学教授の児玉龍彦氏によれば、福島原発事故で漏出した放射線量は、熱量換算で広島の原爆の30倍、ウラン換算で20倍とのことだった。その影響が本格化するのは、おそらくこれからである。

東京電力と政府の対応の杜撰さ、想像力の欠如については、もはや云うまでもないだろう。しかし、我が身を振り返って、同様の症状にまったく陥っていなかったかどうか。そう思ったらなんだか落ち着かなくなった。

そして、自分自身を再生する試みが始まった。どれほどの成果が上がっているか、まったくもって定かではないが、その時の気持ちを風化させないために、5年目の311に記しておこうと思う。

最後にひとこと。東京オリンピックの成功より、まずは福島の再生を。

by naomemo | 2015-03-11 07:09 | ノン・カテゴリー

昨日から熊本


c0112103_16453490.jpg


昨日から熊本入り。昨日は熊本市内を歩き回って、もちろん熊本城もしっかり堪能。加藤清正の築城という写真の熊本城はじつに壮観であった。

この城の石垣は、最初はゆるやかだけど、途中から垂直になっている。とても美しいカーブを描いているのだけれど、これを武者返しと云うそうだ。

また至るところに櫓(やぐら)があって、これは不測の事態に備えていつでも籠城できるようにと考えられたものだとか。実際、西南戦争の折り、官軍がこの城に籠城し、西郷軍の攻撃に堪え抜いたそうだ。

あ、いやいや、観光で熊本に来た訳じゃありませんです。熊本大学の横瀬先生への取材が目的。火山の話から、海洋金属鉱床の話、プラチナの話まで、研究室でたっぷり二時間、貴重なお話が聞けました。じつに面白かった。折りをみて紹介できたらいいなと思っています。

by naomemo | 2015-02-17 16:47 | ノン・カテゴリー

仕事帰りの角打ち


c0112103_13251335.jpg


昨晩は仕事帰りに「麹町いづみや」で仕事仲間と角打ち。いま通ぶって、「角打ち」(かくうち)などと書いたけれど、これはつまり酒屋での立ち飲みのこと。覚えたての言葉なので嬉しくて使ってます。

この店、享保元年より300年続く酒屋なので、おそらく都内に数ある酒屋のなかでも図抜けた老舗と云って良いでしょう。思うに江戸のいたるところに同様の店はあって、庶民が仕事帰りに一杯ひっかけていたに違いありません。庶民御用達という意味では、ロンドンのパブと同じような存在ですね。

ときおり仕事仲間と「麹町いづみや」に立ち寄るようになって一年ほどになるけれど、最近になって女子の姿が目立つようになってきたなという印象。どういうことかな?その魅力は?と、いろいろ想像してみると。

なにはともあれ料金設定がリーズナブル。入店してから90分という時間制限がある。ダラダラ飲むようなことにはならない。立ち飲みなので酔う加減が分かりやすい。なぜか仲間との会話がほどよく弾む。仕事場に近い。この店特有のルールがある。まだほかに理由はあるのかも知れないけれど、ざっくり思いつく理由としてはこんなところか。

ちなみに、この「麹町いづみや」のツマミは乾きものだけ。けれど、四ッ谷麹町界隈には、「麹町いづみや」「相模屋平助酒店」以外に、角打ちの店があと二軒(「鈴傳」と「サカグチ」)あって、そこいらは角打ちとは思えないくらい肴も揃っているとか。ちかぢか覗いてみようと思っている。

by naomemo | 2015-01-27 13:31 | ノン・カテゴリー

電気自動車はエコか?


c0112103_1158090.jpg


先日ニッサンのリーフに試乗する機会があった。じつに静かで乗り心地が良かった。それだけではない。加速性能に驚いた。凄いな、と。でもね、前々から気になってることがあるんだよね。ここにメモとして残しておこうと思う。

電気自動車は、一般にエコカーの雄と捉えられている。電池性能がいま一歩なので、まだ普及しにくいだけ、という認識で、たしかにそうだろうと思う。課題である電池性能にも飛躍的な向上が期待されていることから、近い将来、航続距離も大幅に伸びるのだろうと予想されている。CO2を出さないし、音も静かだし、そこまでは文句なしとしておこう。

けれど、だからといってエコカーと云いきれるかどうか、実はそこのところが疑問なのである。こんなことを云ってると、天の邪鬼と思われそうだけど、いやいやそうでもありませんよ。電気自動車が必要とする電気はどうやって作られるのか、という点が気になっているのです。

仮に電気自動車が普及すれば、電力需要が格段に高まることになるだろう。では、その電気はどこから持って来るのだろう。太陽光発電が飛躍的に増加すれば別だけど、現在の政府の姿勢を見るかぎり、おそらく原発に依存することになるのではないか、という懸念があるんです。だから、いまの段階で、電気自動車を手放しにエコカーとは呼べないと思うんだよね。電気自動車は、太陽光発電などとセットで伸びて、はじめてエコカーと云えるのではあるまいか。


画像出典:
http://www.japanfs.org/ja/news/archives/news_id030207.html

by naomemo | 2015-01-21 12:10 | ノン・カテゴリー

平川門から北桔橋門へ


c0112103_17084880.gif

c0112103_17085831.gif

事務所のある一番町から内神田まで、てくてく徒歩で25分ほど。そこで小半時ほど打合せをして、帰りもてくてく。途中、ふと思い立って平川門から御所に入り少し散策して、北桔橋門から出た。ここはほんと気持ちのいい場所だ。写真は平川門、そして北桔橋門から見た景色。
by naomemo | 2015-01-14 17:00 | ノン・カテゴリー

リスキーシフト


c0112103_7201152.jpg


NHKBSの番組「英雄たちの選択」、本日のお題は「池田屋事件 近藤勇・逆境を駆け抜ける」だった。中野信子さんから「リスキーシフト」なる言葉が出てきた。聞いていて、なるほどと思ったが、加来耕三さんの言葉には、さらに目が開いた。近藤ら四名による長州派排斥を狙った池田屋襲撃は、土方隊などの支援も待たずに仕掛けられた先制攻撃だった。それが、後の日本陸軍(長州の騎兵隊が素地になって形成された軍隊)の冷徹な分析をそっちのけにした先制攻撃主義の素地になったという。それほど長州は新撰組の攻撃力に震え上がったということだ。その反動で、池田屋事件後の長州の動きは、新撰組と会津に対する私怨に染まったものだったという。こうして今朝、私の中で池田屋事件と真珠湾攻撃が、見事につながってしまった。深く納得。

by naomemo | 2015-01-09 22:11 | ノン・カテゴリー

c0112103_7331899.jpg


いまから二年半前、2011年12月5日に友人がオフィスを訪ねてきた。見れば、両手に大きなものを抱えていた。包みを解いてみると、「高田虎次郎」と命名された虎の尾。名前の由来は長くなるので横へ置き、そのとき虎次郎の背丈は21cmだった。今朝、ふと気になって、背丈を測ってみたら、29cmに伸びていました。

2年半で8cm。これが人間だったら凄いことなんだろうけど(いや、成長期にはよくあることか)、虎の尾の場合、この成長スピードが早いのか遅いのか、よく分かりません。なにはともあれ、ゆっくり元気に成長していることだけは確かなようだ。うれしい。

by naomemo | 2014-05-15 10:11 | ノン・カテゴリー

誰のために戦ったのか



プロ野球の日本シリーズを、これほど熱心に観たことはなかったような気がする。今年(2013年)の勝敗を分けた最大の要因は、ここ(2011年4月29日の楽天・嶋選手会長のメッセージ)にあったんだな。自分たちの連覇を目指して戦ったチームと、被災地の復興のために戦ったチームとでは、そもそも思いのレベルが違ったんだな。ほんと感動しました。

by naomemo | 2013-11-04 10:06 | ノン・カテゴリー

介護生活の始まり


とうとう我が家も介護生活に突入した。相手はこの五月で十八歳になる老猫です。猫の十八歳は人間で言えば九十歳に相当するらしいので、もう致し方ないことです。

十三日の土曜日に体調が悪化。時間の経過とともに、右半身にマヒ症状が現れてきました。週明けに医者に見せ、とりあえず抗生剤の混じった注射と栄養剤の注射をして貰って帰宅。それから少し元気になって食欲も出て来ました。

右半身の不如意ばかりは治りようもありませんし、年齢が年齢なので精密検査も手術もしません。でも、何一つ文句を言いません。立ち上がる時も、歩く時も、ふらふらしながらも、なんとかバランスを保っています。

どことなく悲しげではありますが、なんていうのかなあ、すべての現実をありのまま受け入れて淡々と生きている感じ。その神々しい姿に胸を打たれる毎日です。自分も最期はこうありたい。そんな気分になってくるから不思議です。

by naomemo | 2013-04-22 18:10 | ノン・カテゴリー

荒木町が少し元気に

c0112103_18344269.jpg

先日、四ッ谷荒木町で晩ご飯を食べてから、久しぶりにカントリー・バーPINE FIELDに寄ってみた。小さな店ではあるんだけど、おっちゃんたちで賑やかだった。あ、おばちゃんも。みんな、元気だなあ。ちなみに、カウンターのなかでギターを弾いてるのが、ご主人です。

それとね、ここ数年ずいぶん落ち込んでたんだけど、荒木町に少し賑わいが戻ってきた感じ。景気回復の「期待感」だけで、これだけ変るもんなんだねえ。ま、世代交代も始まってて、若い店が出来てることもあり。いいことだ。

by naomemo | 2013-01-11 15:58 | ノン・カテゴリー