無私の精神




 自己中心的な考え方や言動が広がるなか、世の中に役立つ研究を続け、実績を上げて来られた方がサラリと云い放った。

 「私自身えらいものを考えたり、難しいことをやったりしたわけでなくて、すべて微生物がやっている仕事を勉強させて頂いたりしながら、今日まで来ているとゆう風に思います。」

 今年のノーベル生理学・医学賞を受賞された北里大学の大村智特別名誉教授の受賞コメントの一節である。この言葉が聞こえて来て、思わず耳が立ち、爽やかな気分にもなった。

 日本人には、この「無私の精神」ってやつが、とてもよく似合うと思う。


by naomemo | 2015-10-06 15:53 | いまを読むノート