時間を味方につけましょう


c0112103_10203183.jpg


これから時折、金取引について実践編の話も混ぜて行こうか思います。ただ最初にひとことお断りしておきます。この「はじめての金読本」は、金をヘッジ資産(=将来の万一に備える保険的な役割をもつ資産)と考える立場に立っています。ですからここで扱うのは現物取引に限り、先物取引は扱いません。先物取引は一般個人向けではないからです。

先物市場は、将来の価格変動リスクをヘッジする(保険をかける)大切な役割を担っています。とはいえ、先物取引が、決済期限のある期間限定の取引であり、投機的な色彩が強いことも否めず、そして業者の強引ともいえる営業手法に疑問もあります。一般個人向けとしては難があります。

先物の短期売買で利鞘を稼ぐ行為は、それを生業(なりわい)とするプロたちに任せておけばよろしい。不用意に足を踏み入れると大きな損失を被りかねませんから、一般個人は敬して遠ざけておくのが賢明でしょう。

それでも、金価格は上がったり下がったりします。金といえど相場商品ですから、価格が変動するリスクと無縁ではありません。投機マネーの動きによって急騰急落する局面も見られます。そんな時に決済期限のある先物取引だと、価格が予想に反した大きな動きをした場合に、安穏としていられなくなります。そうなると本来味方となるべきはずの時間が敵に回ってしまいます。

それでは安心のための金が、不安の種になってしまいます。

それに対して、いつ買っても、いつ売っても、まったくもって自由なのが金現物です。金現物を保有している人には、「決済期限」なるものがありませんから、価格が急騰急落しても、高みの見物でやり過ごしていれば済みます。金現物は紙くずになることはありませんから、将来必要になる時まで気長に保管しておけば良いだけのことです。しかも、10年、20年保有していても、税金がかかることもありません。

一般個人にとっては、時間を味方につけることが何より大切です。金投資は、だれかと勝ち負けを競うような類いのものではありません。時間と争うものでもありません。このことは、けっして忘れないようにしてください。


イラスト:三井孝弘さん



by naomemo | 2015-06-26 10:28 | →はじめての金読本