小売価格と買取価格は一対

c0112103_5124740.jpg


はじめての金読本、移植第9弾です。2010年02月22日に公開した原稿に手を入れたものです。今回も初心者向けの内容となります。

前回、金価格には「ふたつの局面」があると紹介しました。それは「国際的に取引される局面」と「国内で取引される局面」であり、両者の間には「為替」という変数が介在しているということでした。

さて、国内の店舗で実際に取引される価格も、別の意味で二本建てになっています。ひとつは「金小売価格」であり、もうひとつは「金買取価格」です。

金小売価格とは、一般の人が店頭で金を買う際の価格で、たとえば5000円/gというように、1グラムあたりの円建て価格で表示されています。そして一方の金買取価格は、一般の人が店頭で保有金を売る際の価格で、4915円/gというように、やはり1グラムあたりの円建て価格で表示されています。店頭においては、どちらも消費税込みの価格になっています。(※)

この金小売価格と金買取価格との間には、スプレッドと呼ばれる価格差があります。その価格差は取扱業者によって若干異なるものの、おおむね80〜90円/gの幅で設定されています。

したがって、金小売価格が上がれば、それに応じて金買取価格も引き上がります。もちろん、その反対に小売価格が下がれば、金買取価格も同時に下がります。金取引では、小売価格と買取価格が一対になっていることが、恣意的な価格設定を抑制する役割を果たしていると言うこともできます。

ただし、この価格差は常に必ず一定というわけではありません。取引時間中に国際金価格やドル円為替相場が大きく変動した場合に、価格が変更になることがありますが、時にその変動を吸収するべく価格差も広がる場合もあります。この点は頭に入れておくとよいでしょう。


イラスト:三井孝弘さん


(※)
ちなみに、商品の販売価格の表示に関して、2004年に「総額表示」(消費税額を含んだ価格での表示)が法律で義務づけられました。そのため、金やプラチナなど貴金属の小売価格、買取価格も、現在は総額表示となっています。しかし、2014年4月に消費税は5%から8%へ引き上げられました。近い将来、10%への引上げも実施されます。そうした背景から「総額表示」の法律も改正され、流通業界では現在、「本体価格+税」という表示を採用するところが増えていますから、そのうちに価格表示も変わるかも知れません。



by naomemo | 2015-03-18 05:16 | →はじめての金読本