金利を産まない金の価値


c0112103_8475723.jpg


はじめての金読本、移植第6弾です。2011年11月11日に公開した原稿に手を入れたものです。

お金は、人から人へ、企業から企業へ、国から国へ動きます。もちろん企業から人、人から国へも動きます。社会のなかに張り巡らされた血管のなかをお金がぐるぐる回ってくれることで、社会生活や経済活動は成り立っています。

ぐるぐる動いた結果として利益が生み出されます。昨今とても微々たるものになっているとは云え、銀行は利益の一部を預金者に「利子」として渡します。一般企業の場合はたとえば「配当」という名目で分配します。

もう一歩、駒を進めてみましょうか。銀行も一般企業も資金の貸し手(=出資者)がいなければ存在しません。そもそも設立の原点に「貸し借り」というものがあるわけです。

貸し借りはもちろんタダではありません。そこで関与してくるのが「信用」です。信用が高ければ安い利子でお金を借りられます。しかし信用が低ければ高い利子を付けなければお金は借りられません。

どちらが利益を出しやすいかは云うまでもありませんが、それはさておき、お金は利子や配当と切っても切れない関係にあるわけです。利子や配当がついてこそお金としての存在価値があると云っても差し支えありません。

ところがここに利子や配当と無縁のお金がひとつあります。もともとお金であり通貨価値の拠り所と見なされてきた金です。金は社会のなかをぐるぐる動いて利子や配当を生み出すことがありません。

社会や経済のなかで流通するお金とは異質なもので、金は本来、投資とか運用から遠い資産です。お金としては歪んだ存在と云うことが出来るかも知れませんが、だからこそ金は信用とも信用リスクとも無縁の資産となります。(※)

そんなお金としては歪んだ金が、21世紀に入って輝きが増しているのは、つまり、社会や経済が混濁して先々が見通せなくなっているからに他なりません。

最後にひとつ。金はたしかに信用とも信用リスクとも無縁の資産です。ただ、金には金利がつかないゆえに、金利の上昇や株価の上昇局面は、金価格にとって大敵となります。金と付き合う場合は、ここのところをしっかりと認識しておくことが大切です。

次回から、金価格のABCをとびとびで4回に渡って掲載します。


イラスト:三井孝弘さん


(※)
もしも配当を産む金があるとしたら、そこには何がしかのリスクがあると考えてしかるべきでしょう。



by naomemo | 2015-02-26 08:53 | →はじめての金読本