欧州雑感01:地中海国境という言葉


c0112103_16384672.jpg


今朝朝食をとりながらNHKBS1を観てて、「地中海国境」という言葉に思わず耳が立った。聞けば、最近、欧州で強く意識されるようになった防衛安全保障の考え方だという。このボーダーラインが隔てようとしているものは、いうまでもなく欧州と中東地域である。解説をされていたのは秋元千明氏。どこかで観たことがあるなあと思っていたら、元NHKの解説委員。現在は、英国王立防衛安全保障研究所アジア本部所長という要職にある。

ここから先は妄想の類いかも知れないけれどメモして置こうと思う。

なぜ耳が立ったのか。腑に落ちるものがあったからだ。先のイスラーム国によるシャルリエブド襲撃後、欧州要人たちまでデモに参加している光景に異様なものを感じていたが、その深層が垣間見えたような気がしたからだ。知る限りでは海外の報道でもこれまで「表現の自由への冒涜」に対するデモとされていたけれど、(もちろんそういう意味合いもあるのだろうが)、むしろ「イスラーム国によるフランスへの宣戦布告」に対して欧州はスクラムを組んで戦うというデモだったのかも知れないな、と。

そう考えると、スクラムの中にイスラエルのネタニエフ首相が加わっていたことにも合点が行く。いま起きている事態が、テロではなく、欧州VSイスラーム国の戦争という様相を帯びているとなると、間違いなく欧州域内のユダヤ民族が巻き込まれるだろう、という強い危惧が生じたのかも知れない。

そしてその欧州は、一方でロシアとも鋭く対立している。外にある敵の存在で内部がまとまるというのは歴史の教えるところ。そこで感じるのは、これまで欧州の量的緩和に強く反対してきたドイツがここに来て止むなしとした背景には、こうした事情もあったのかも知れないということだ。なにしろギリシャは地中海国境の最前線にある国なのだから、いま離脱させる訳には行かないというコンセンサスが生まれても不思議ではないだろう。

最後にひとつオマケ。下に貼ったリンクはYouTubeに上がっているハイドンの交響曲103番「太鼓連打」である。ロンドン初演時、イントロの太鼓連打に卒倒する観客が大勢出たという。その昔、オスマントルコが欧州に侵攻した際、太鼓を鳴らして来たという怖い言い伝えがあり、それゆえ太鼓の連打で民族の記憶が蘇って卒倒する観客が出たというわけね。真偽のほどは定かではないけれど、音楽にまつわる逸話もあながち捨てたもんじゃない。




イラスト:三井孝弘さん


欧州雑感08:国境が復活する気配
欧州雑感07:弱い国が強い通貨を持つ悲劇
欧州雑感06:スペインが熱い
欧州雑感05:イタドリという外来種
欧州雑感04:二つのグループ
欧州雑感03:内部の宗派対立
欧州雑感02:統合か愛国か
欧州雑感01:地中海国境という言葉

by naomemo | 2015-01-29 11:43 | いまを読むノート