古今亭の真打ちお披露目


先週土曜日は早朝ゴルフ練習場で2時間ばかりアプローチの集中練習。帰宅後そそくさと朝食を摂って、劉先生の太極拳教室へ。一年半かけて一通り覚えた四十八式を、いま一度、身体の使い方からひとつひとつ細かく復習している段階。太極拳、やればやるほど奥が深いなあと感じてるところ。汗びっしょり。

c0112103_1241585.jpg


そのあと、急いでシャワーを浴び、半蔵門の国立演芸場へ。ただいま、古今亭一門の真打ちお披露目興行の真っ最中なのだ。珍しいことだと思うが、一門から二人同時に真打ちが出た。朝太と菊六が、それぞれ志ん陽、文菊となったのだ。しかも菊六は28人抜きで真打ちに抜擢されている。当方は、以前から菊六の高座に通っていたこともあり、うれしい限り。

c0112103_12435547.jpg


今回、真打昇進披露口上で口火を切ったのは、三遊亭圓歌だった。古今亭一門のお披露目になぜ圓歌が登場しているんだろうと思ったら、つい最近、菊六の師匠であると同時に一門の惣領でもあった圓菊が、興行中に亡くなったためだとか。知りませんでした。

c0112103_12424568.jpg


その圓歌が口上で、文菊は運がいい、と言った。なんだろう?28人抜きのことか?と思ったら、そうではなく、興行の始まる前に師匠が亡くなってたら、興行そのものが中止になってたんだから、こいつは運がいい、と。なるほど、そういうもんだろうと思った。また、古今亭一門は、志ん朝が亡くなってから良いことがなかったから、久しぶりに陽が差して良かったと思うとも言ってた。その通りだね。亡き志ん朝ファンとしては、これを機会に、年に一度でいいから一門会でもやったらいいのにと思ったりしている。やってくれないかな。

by naomemo | 2012-11-05 12:49 | 音楽から落語まで