いま観たい映画3+1本


「屋根裏のマリアたち」


フランス上流婦人のあいだで語られる。「フランス人のメイドなんて、古いわよ。いまや主流はスペイン人ね」と。時代設定は1960年代ということになっているが、なんでもかんでもマーケットという現代への風刺がピリリと効いた作品なのではあるまいか。ラテンのノリがじつに愉しそうだし。てなわけで、ぜひ観てみたいな、と。


「少年と自転車」


ベルギーのダルデンヌ兄弟の作品。公開時に見逃したのだが、来週一週間、ルシネマでアンコール上映されるんだとか。こんどは観るぞ。昨年のカンヌ・グランプリを取った作品だし。それにしてもルシネマ、昨年改装して、気持ちも一新した感じ。アンコール上映やら監督特集やら、ちゃんと客とキャッチボールできてる感じがしていいと思うな。


「ブラック・ブレッド」


この作品のことはよく知らない。けれど何度も映画館で予告編を観た。ダークなミステリーという印象。昨年度の米国アカデミー外国語映画賞スペイン代表作品なんだとか。そう言われれば気になるじゃんね。


「スパイダーマン」


ハリウッド作品は好んで観ることは、あまりない。とはいえ例外もある。スパイダーマンの新作に、アンドリュー・ガーフィールドが起用されたと聞けば、これは観るっきゃない。彼の出演作を観るのは、「大いなる陰謀」「BOY A」「わたしを離さないで」に続いて4本目となる。ちなみに配給元にいる友人に聞いたら、試写でみんな泣いてるよ、だって。脚本がしっかりしてるらしい。

他にもありそうだけど、とりあえず4本。

by naomemo | 2012-06-20 15:17 | シネマパラダイス