陰影が深くなった鬼平犯科帳

c0112103_10482233.jpg


鬼平犯科帳9冊目読了。これまでとは少し印象が変わってきた感じ。すべてを書き切らず読者の想像力に委ねるところが出て来たようだ。それに「本門寺暮雪」では鬼平より強い「凄い奴」が登場するし、「クマ」という飼い犬も顔を出すようになり生活感が少しだけ濃くなった感じ。合理性を重んじる物語なのに狐憑きの話も出て来るし、ますます深みが出て来てこれからの展開が楽しみだ。日本の政治家たちも鬼平の爪の垢を煎じて飲んでみたらどうだろう。いい加減そろそろ大人になって貰いたいと思うゆえ。

by naomemo | 2012-06-12 10:53