いま観たい映画5+1


「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」


「リトルダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」。スティーブン・ダルドリー監督作品にはハズレがない。その緻密な演出力は素晴らしい。必見!と思っていたのに、あらま、ロードショウは終わってしまってるようだ。名画座に廻るのを待って、これは必ず観る。


「別離」


ベルリン映画祭で金熊賞を受賞したイラン映画。今年の米国アカデミー賞外国語映画賞も受賞した。米国ともイスラエルとも犬猿の仲であるイランの映画をよくハリウッドが選んだものだ。一人で製作、脚本、監督の三役をこなしているのが、アスガー・ファルハディ。先日その存在を知って、前作「彼女が消えた浜辺」を観て来た。きっと「別離」も切ない物語だろうなあ。でも、観る。だからこそ、観る。米国アカデミー賞にあまり重きは置いていないけれど、外国語映画賞だけは例外。いい、これは。ちなみに、この作品、イスラエルでヒットしているらしい。


「裏切りのサーカス」


ティンカー、テイラー、ソルジャー、プアマン、スパイ。なにしろジョン・ル・カレの傑作スパイ小説の映画化なのである。しかも、あろうことか、あのゲイリー・オールドマンが主人公スマイリー役なのだ。コリン・ファースも出演している。観ないわけに行かないだろう。


「ルート・アイリッシュ」


必ず観ることにしているケン・ローチの最新作である。脚本はいつもの通りポール・ラヴァティ。それにしても、この作品は、これまでの彼らの作品と比べて、ずいぶん異色である。「真のイラク戦争終結は、すべての戦争請負業者たちが、あの地から去ってはじめてなされると我々は信じている」。


「ドライブ」


なんだろう、これ。あちこちの映画館で何度か予告編を観てから、妙に気になっている。カンヌ映画祭で監督賞を受賞しているようだけど、この手のクライム・サスペンスがカンヌで受賞するのも珍しい。そうでもないか、タケシが受賞してるもんね。主演のライアン・コズリングがクールだ。そして「17歳の肖像」「わたしを離さないで」のキャリー・マリガン、ずいぶん大人になった感じ。監督ニコラス・ウィンディング・レフンは1970年デンマーク生まれだそうだけど、全く知らなかった。楽しみだ。


「アーティスト」


今年の米国アカデミー賞で主要部門をほぼ独占して話題になった、モノクロのサイレント作品。フランス人監督ミシェル・アザナヴィシウスは、古き良き米国のサイレント映画を観まくったらしい。彼は、授賞スピーチで、「最後に三人にお礼を言いたい。ビリー・ワイルダー、ビリー・ワイルダー、ビリー・ワイルダー」と叫んだ。それで、よし観よう、と思ったのだった。


まだまだあるけど、今日のところは、ここまで。

by naomemo | 2012-03-31 12:25 | シネマパラダイス