米アカデミー賞2012授賞式の雑感

c0112103_1275538.jpg


昨晩、仕事から帰宅して晩ご飯を食べながら、2012年の米アカデミー賞授賞式ダイジェストをwowowで観た。今年のアカデミー賞は、世界の今がまだらに垣間見えて面白かった。

監督賞、作品賞、主演男優賞といった主要部門をほぼ独占したのは、なんとフランス人が作った無声映画「アーチスト」。その向こうを張るかと見られていた3D映画「ヒューゴの不思議な発明」は、視覚効果賞、録音賞、音響編集賞、美術賞、撮影賞。ありていに言えば周辺の賞に留まった。

結果として、ハリウッドが今後に期待をかけている3D作品が、古き良きスタイルの後塵を拝した形となったわけだ。

その流れで気になったのが、脚色賞をとった「ファミリー・ツリー」。どうやら米国はますます、古き良き時代を、先祖帰りを望むようになってるなあと感じる。米国が内向きモードに入った(ように見える)ことは重要だと思う。

そして、メルリストリープが主演女優賞を受賞した「マーガレット・サッチャー」。「規制緩和、自由化」を旗印に、黄昏の英国を不死鳥のように蘇らせたサッチャーが映画になるというのも、今だね。とにもかくにも、サッチャーが進めた新自由主義の負の遺産がリーマンショックなんだから。

もうひとつ驚いたのは外国語映画賞がイラン映画の「別離」に決まったこと。イラン映画にはクオリティの高い作品がとても多いけれど、まさかユダヤ資本のハリウッドが、米国ともイスラエルとも犬猿の仲であるイランの映画にアカデミーを賞を与えるとは。よほどの傑作なのか、なんらかの政治的な意図があるのか。映画というのは時代を映す鏡だね。

最終的に、ぜひ観てみようと思った作品は以下の4本。
◎「アーチスト」(これはいうまでもなく)
◎「マーガレット・サッチャー」(どう描いているのか)
◎「裏切りのスパイ」(ゲイリーオールドマンを観たい)
◎「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(久々のダルドリー作品)

by naomemo | 2012-02-28 23:50 | シネマパラダイス