映画と落語に飢えている


昨年3月の震災以来、長い間、映画館から足が遠のいていた。でも、ようやく映画が観たい!という気分がふつふつと湧いて来た。かれこれ十ヶ月も空けちまったよ。

そして無性に落語が聞きたくなってきた。いつのまにか真打ちに昇進した菊六も聞きたいけど、これまでなぜか縁がなかった林家彦六を集中的に聞いてみたい気分。なんていうのかな、あの、背筋がスッと伸びた、独特の語り口がいいんだよね。そういえば、彦六って、志ん朝の先生だったかな。志ん朝の方から押し掛けたんだと思うけど。

しばらく聞き倒してから感想を書きます。

by naomemo | 2012-01-31 15:22 | 音楽から落語まで