29年ぶりのキース

c0112103_9585195.jpg


昨晩、渋谷bunkamuraオーチャードホールへ。キースジャレットのソロコンサート。彼のソロコンサートに出かけたのは29年前ぶりのこと。当時の彼は37歳、現在は66歳。

開演時刻の7時を回って15分ほどが過ぎた頃だろうか、舞台左袖からふらりと登場し、ピアノの脇まで来て聴衆の方へ向き直って、両腕をダラリと垂らして会釈した。短く刈り込まれた白髪。サングラス。グリーンのシャツ。黒いズボン。その風貌はまるで職人気質の料理人のようだ。椅子を少し後ろへずらして肩甲骨のあたりをぐにゃぐにゃしたかと思った途端、演奏はもう始まっていた。

一曲目はクラシカル現代音楽ようだった。耳を澄ませていたら、なぜかシェーンベルクの名前が浮かんで来た。聴衆を驚かすようなお茶目な幕開け。でも、驚きはなかった。へえ、こんなところまで来ちゃったのか、という印象を抱きながら聴いた。

じつは、昨年ケルンコンサートをCDで買い直して何度も聴いているうちに、演奏の奥から、うっすらとドビッシーが聴こえて来るようになった。ドビッシー?正直ビックリしたんだけど、でも、そんな経験をしていたから、昨晩の彼の演奏からシェーンベルクが聴こえて来ても驚きはなかった。

左手と足を打楽器のように使ってリズムを刻んでみたり、静かなメロディを紡いでみたり。ジャズあり、ドビッシーあり、シェーンベルクあり、プリミティブな音楽あり。それらがいつのまにか解け合ったりもして。ジャンルの境界を軽やかに超えたピアノ演奏、というか、うなり声という弦楽器と、足+床という打楽器と、ピアノという鍵盤楽器のコラボ演奏だった。で、けっきょくキースの世界になってた。

いつまでも鳴り止まない拍手。アンコールは三度。最後の曲は、スタンダーズの名曲、someday my prince will come.いつか王子様が。 その深々とした余韻にひたりながら会場を後にした。それにしても、キースってバッハの演奏をいっぱいしてるのに、その音楽からはフランスの匂いがするんだよな。意外にお茶目な人だったし。大満足の一夜だった。

by naomemo | 2011-05-29 12:31 | 音楽から落語まで