鬼平のテーマ曲にぞっこん

c0112103_8434774.jpg


先日、ケーブルTVの番組表をなにげに見ていたら、時代劇専門チャンネルで終日、鬼平犯科帳シリーズを放映することを知った。西尾忠久さんのような特別な存在は別としても、昔から鬼平には絶大なファンがいることは知っている。だから鬼平には興味はあったが、これまで一度も観たこともなければ読んだこともなかった。でも、その日はなぜか観てみたい気分になって、一気に録画してコツコツと観た。そのうちに文春文庫に手が伸びるかも。

でも、今日のメモは、鬼平そのものじゃありません。TVドラマのエンディングで流れる曲が、じつにかっこいいと思ったのだ。すぐさま、その曲が入ったアルバムをアマゾンでポチッ。翌々日には手元に届いた。

いまさらなんだよって気がしないでもないけれど、このジプシー・キングスの「インスピレーション」という曲は、なぜこれほど鬼平ドラマにぴったんこなんだろうか。小気味の良いリズムの奥にある悲しみみたいなものが、マッチしてるのかな。とにもかくにも、ただいま朝焼けランのお伴になっています。まさにヘビー・ローテーション。

ちなみに、ジプシー・キングスは、先日このブログで取り上げたフランスのロマのグループ。いまさらなんだけど、いまだからこそ、でもあるのだよね。

さて、昨日、10月17日開催予定のタートル・マラソン@荒川のナンバーカードが届いた。ウキウキ気分と、ドキドキ気分が、微妙に入り混じってる。これだけ走ってきたから大丈夫という自信と、ほんとに完走できるんだろうかという不安が、くるくる入れ替わる。とても新鮮な気分です。

by naomemo | 2010-09-28 08:38 | 音楽から落語まで