メキシコ湾内の原油流出


今日はたんなるメモです。

メキシコ湾内にある海底油田の掘削施設が爆発したのが4月20日。水深1500メートルの油井から大量の原油がいまだに流出しており、環境にも、生態系にも、漁業にも、社会生活にも甚大な影響が出ているようだ。原油にまみれたペリカンの写真などを見ると、じつに痛々しい。

実際の対策は英国BP社に委ねられており、ようやく流出する原油を一部吸い上げることに成功しつつあるようだが、完全に食い止めるまでに至っていない。このままでは、海洋資源の宝庫であるメキシコ湾は死滅するかも知れない。地域住民の憤りは、頂点に達していることだろう。

ちなみに、アラブ首長国連邦の国営石油会社が、流出原油の除去作業支援のために専門チームを派遣する提案をしているらしい。米国政府は受け入れるかどうか検討中だとか。さて、どうなるのだろう。

by naomemo | 2010-06-07 08:40