「鰻の幇間」から感じる、志ん朝のスタイル。

c0112103_11504452.jpg


今朝は散歩を控えようかと思ったが、窓を開けてみると小雨である。帽子を冠って歩けないことはない。ちょいと迷ったが、すぐにそそくさと用意をして、念のため傘を持って出かけた。それにしても、このところ雨が多い。7月初旬に梅雨明け宣言が出た時に、ちと早いんじゃないかと思ったけど、案の定、月末が近づいて梅雨の戻りと相成った。今年は冷夏になるのかも知れないな。

さて、土用入りして十日目である。例年なら、いまごろ「あぢぢー」なんて言いながら騒いでる頃である。となれば、やっぱり「鰻の幇間」を、志ん朝で聴いておかなくちゃ。こいつを聴くには、ちと暑さ不足ではあるんだけど、ま、天候ばかりは仕方なし。

以前、桂文楽の「鰻の幇間」を、「どことなく哀愁がただよう噺に仕上がっている」と評して紹介した。でも、文楽の芸をしっかり受け継いでいると思われる志ん朝の「鰻の幇間」からは、あまり「哀愁」を感じることがない。なんとなく文楽が表現した「哀愁」を、意図的に退けているように感じる。主人公の野だいこ一八を厳しく突き放しているようにさえ聞こえる。どうしてなのかなあと前から気になっていた。

文楽の生前には健在であったであろう幇間も、志ん朝の時代にはすでに絶滅危惧種と化している。だから、お客さんが幇間の存在を知らないことを前提に、幇間について、そしてその成れの果てとしての野だいこについて、用意周到なまくらを展開している。

桜川忠七という幇間の名人の言葉として、客ってえのは自慢話をしたがるものだから、その話をとても興味を持って聞いてやる、自分からしゃべらないで、相手の話を聴いてやるのが大切なんだと伝えている。ところが、本編の主人公の野だいこ一八は、じつによくしゃべる男なのである。相手の旦那にほとんどしゃべる暇を与えないくらい、よくしゃべる。

旦那が、一八に向かって、「いい下駄はいてるねえ」と褒めるシーンが序盤に登場する。そこで一八は、「旦那、あたしたちがやるようなことしちゃあいけません」と応じている。さらに、うなぎやの二階座敷で、旦那は一八を上座に座らせようとしているのだ。うっかりなのか、探りを入れているのかは不明だけれど。

しかし、ここまで来れば、この旦那が「旦那」でないことは明らかだろう。一八よりも一枚も二枚も上手の、すれっからしの同業に違いあるまい。それにひき比べ、一八の、なんともお人好しなこと。そこがまた堪らなくいいんだけどねえ。

ちなみに、志ん朝は、二十代の頃に、守り本尊の虚空蔵菩薩のお使いが鰻であると聞き及び、以来、六十三歳で亡くなる晩年まで、大好物の「鰻」を断ったという。この鰻屋の二階で、「噛みごたえのある」鰻を食べている志ん朝の演技の、なんと素晴らしいことか。「鰻の幇間」は、かなり思い入れのあるネタだったのではないかと勝手に思っている。

by naomemo | 2009-07-29 12:30 | 音楽から落語まで