禁煙を始めるのだ


朝食の後、タバコを1本。咳が止らないのにダメだねえ。気管支喘息気味だねと掛り付けの医者に言われているのだ。放置しておくと喘息になってしまうらしい。猫を寝室に入れないようにとも言われている。来るなよと言っても勝手に入って来るのが猫ってものだ。仕方ないから、マスクを付けて眠るようにしている。

薬が無くなったので、今朝、医者に立ち寄って診察を受けながら話していたら、これだけ長引いているのは、ブタクサとかセイタカアワダチソウとかのアレルギーがあるかもね、と。念のためレントゲン撮っておきましょう、ということになった。どういう関係があるんだ?

診察室に戻ってフィルムを見ながら、どうやら肺がんの疑いはないようですね、ただやはり痰が絡んでいるようですね、だって。最近の医者は「がん」という言葉を平気で使うようになったなあと改めて感じる。その後、気管支拡張剤などいつもの薬を処方してもらいながら、この際だからとニコパッチのことを聞いてみた。1日7、8本のスモーカーには効くと思うよとの説明だった。薬局で市販の20ミリのタイプを即購入。ちと高いが仕方ない。

昼前に出社し、右上腕部に貼ってみた。錯覚かも知れないが、なんだか効いている気分。錯覚かも知れないが、それでもいいのだ。19時頃、友人から電話が入り、四ツ谷三丁目でアルコール付の食事。めずらしく仕事の相談だった。目の前でプカプカされて気持ちが揺らいだが、パッチを貼っての喫煙はニコチンの過剰摂取になるらしいので、ぐっと我慢したのだった。

しかし夜中に帰宅して、パッチを外して1本吸ってしまった。寝る前の1本が習慣になっていたのだから仕方ないよなあと自分を慰める。その後、風呂に入って就寝。そうだ、今日は11月11日。禁煙を始めるには、いい月いい日であったのだった。偶然だけどね。

by naomemo | 2008-11-11 21:30